陳平はなぜ韓信、張良、蕭何に近い評価をされないのですか?

中国史250閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 陳平は人によって評価は微妙に割れそうですね。 功績だけ見れば4傑の一人でもおかしくないですしね。

お礼日時:10/21 23:21

その他の回答(2件)

2

陳平は紛れもなく前漢の大功臣です。 それはあなたの書く通りです。 ですがやや評価に劣る点として以下の点をあげます。 ① 三傑と比べると漢 (高祖) に味方した時期が三秦制圧後と遅い。 ② 同じく智謀の士の張良と比べると、人の欲に付け込む (匈奴との戦い、范増を去らせた時など) など策謀的な策が多く、今一人として信用できない。 以上の点も高祖は踏まえたうえで高祖は今際の際にこう述べています。 「蕭何、曹参の後は王陵に任せると良い。王陵は愚直なため、陳平に補佐させるとよい。ただし陳平は頭が切れすぎる、すべてを任せるのは危ない」と。

2人がナイス!しています

3

活躍した時期が他の3人とズレていたからではないでしょうか。 現代中国に例えれば 毛沢東(劉邦)の下に周恩来(蕭何)、劉少奇(張良)、林彪(韓信)がいて、 江青(呂雉)の専制を防いだのが鄧小平(陳平)となります。 さらに言うと、江沢民(文帝)と胡錦涛(景帝)時代に蓄えた国力で戦争をやろうとしているのが習近平(武帝)です。

3人がナイス!しています