ID非公開

2020/6/14 8:10

11回答

ある日、お姫様になってしまった件についてのアナタシアの前世ってどんな感じでしたっけ?作中であまり語られてなかったですよね。

ある日、お姫様になってしまった件についてのアナタシアの前世ってどんな感じでしたっけ?作中であまり語られてなかったですよね。

コミック265閲覧

ベストアンサー

0

アーティは社会を経験した社会人であったため、もともとのアタナシアとは違い、周囲の人々、正確には居住地のルビー宮の人々に愛されるたくましく親和的な性格に成長する。 また、アーティ本人は前世での死因は把握していない。前世で幼い頃から親なしで熾烈な孤児院生活を送っており、成長して孤児院を出てからも一人で苦しい一人暮らしを送ってきたため、自らを大人だと思っている。 幼い姿を見せなければならない上、普通幼い頃の代表的な環境である家族と親からの愛を経験したことのないキャラクターなので、アーティの本人の自負が特に目立つ。 親、正確には「家族」に対する期待と渇望が最初からなかったわけではないため、無意識に家族と親に関連することには敏感になる。 イゼキエルとジェニットを見てきた日、本人は危機感を示したが、実際はうらやましく、自分が先にクロードに好かれなければならないと努力した。 クロードが次第に心を開いていくように、アーティもクロードを自分の父親として受け入れていく。デビュタントでは、クロードがたとえジェニットを見て自分を娘として考えなくても、クロードが自分が初めて手に入れたお父さんで嬉しかったという気持ちから、アタナシアではなく、アーティとしてクロードに「パパ、今日一緒にいてくれてありがとう」という気持ちを伝える。 まぁ、要するに孤児院で過ごしたんですよね