ここから本文です

資産形成について本格的に取り組もうと思っています。賢い節税仕方や少しずつでも...

iwo********さん

2020/6/1417:39:45

資産形成について本格的に取り組もうと思っています。賢い節税仕方や少しずつでもいいので何年か後には大きくなる方法など、教えていただきたいです。大手企業ですが、若いということもあり手取りは20万くらいです。

何から始めたらいいのか、色々ネットで見てたら分からなくなりました。ご意見ください。

閲覧数:
83
回答数:
8
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

渡辺 行雄さんの写真

専門家

2020/6/1510:17:57

iwo*******さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、渡辺と申します。

資産形成をはじめるのでしたらまず、運用するための原資を貯める必要があります。
幸にも大手企業に勤めていると言うことですから、財形貯蓄制度が勤務先にも多分あると思われます。

ひとつは財形貯蓄制度を利用して毎月一定額を積み立てていくようにしてください。
また、大手企業でしたら、年金制度として確定拠出年金を既に導入清みかと思われますが、勤務先の確定拠出年金とは別にiDeCoやNISAという金融商品もありますので、合わせて利用するとこちらの金融商品は節税効果が期待できます。

具体的には、つみたてNISAは運用益に対して非課税。
iDeCoは、積立金が全額所得控除となります。
尚、注意点もありますので、自分自身でしっかりと勉強したうえで、始めるようにするとよろしいと考えます。

財形貯蓄やiDeCoやつみたてNISAへの毎月の積み立て金額としては、手取り月収金額の20%相当額くらいから始めるとよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

iwo*******さんへ...

回答した専門家

渡辺 行雄さんの写真

渡辺 行雄

ファイナンシャルプランナー

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。【「All Abo...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

cam*********さん

2020/6/1509:58:49

20代から先々のことを考えるのも多少は必要ですが、後悔を残さない程度が良いですよ。
昨今の社内の付き合いってどうなんでしょ。
昔は休日にも逢ってドライブやBBQをしましたが、大手でも部署によって人間関係がかなり違うようです。
自分は後輩が出来てからは全部お任せして参加も任意で出来る立場になりましたが、20代の人間関係は大切だと思います。
若いとついいい車が欲しくなったり、主催者側になって自腹を切ることも多いですが、その辺りはほどほどに。
着実に毎月一定額を預貯金し、更に不労所得はマメに貯めておくと案外貯まりやすいものです。
500万円くらい余裕資金が出来たら投資を考えてみるのも良いと思います。
それまでは地道に預貯金で良いと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kom********さん

2020/6/1420:09:43

取り敢えずお金に関する本を五冊以上読みましょう。そのなかでもFXや株、デイトレ、儲けの法則やテクニックみたいなタイトルのは手を出さないように。先ずはソコに投資です。

2020/6/1419:21:18

貧民に質問しても
ろくなことにならないです

貧民の回答を参考にしようとして
分からなくなるのは当たり前ですWWWWWWWWWWWW

プロフィール画像

カテゴリマスター

yah********さん

2020/6/1418:34:33

1.給与を多くもらえるように頑張る。
2.無駄使いしない。
3.大きな資金を貯める。
4.運用する。

ってことかな。

4は、大企業なら持株会が美味しいかも知れない。

2020/6/1418:07:33

お金を投資でふやしたいなら、
1)いい給与をもらう
2)給与からなるべく多くの金額を投資に回す
3)増えたお金は再度投資に回す(使わない)

1)のため、当然いい企業に就職、転職すべき。
2)のため、給与からなるべく多く、例えば20%以上を投資に毎月回す。
3)生活費は変えないこと(給与が上がっても生活水準は変えない)

少なくとも、2)は今からでもできますよ。

またあなたはこれから年収が上がっていくので、
その時に年収700万円とか1000万円とかで
有頂天になるかもしれません。
3)のことを思い出してください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる