日本の仏教の歴史で、ある仏教宗派が立てた寺をほかの仏教宗派がもらったり奪ったりして自分たちの宗派の寺に改宗したことは有りましたか?

日本の仏教の歴史で、ある仏教宗派が立てた寺をほかの仏教宗派がもらったり奪ったりして自分たちの宗派の寺に改宗したことは有りましたか? たとえば浄土真宗の僧侶が立てた寺を寺の僧侶が皆が疫病で死んだり 戦で皆が殺されたり 飢餓で僧侶全員が死んだりして誰もいなくなってそこに臨済宗や日蓮宗の僧侶たちが多く来て寺を貰って自分たちの宗派の寺にしたとか 浄土宗の寺がお金が無くなって天台宗の僧侶たちに寺を売ってその寺が天台宗の寺になったとかありましたか?

日本史 | 宗教26閲覧

ベストアンサー

0

衰退や廃絶した寺院を再興して、それに尽力した僧侶の宗派に変わった例はたくさんあります 聖武天皇の発願によって諸国に建てられた国分寺は現在も、多くは法灯を受け継いでますが、真言宗等、創建時とは違う宗派となっています(元は華厳宗のはず) 他にも奈良時代からある寺院も、概ね現代の「八宗」(真言、天台、浄土、臨済、曹洞、日蓮、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派)のいずれかに属してます 鎌倉新仏教諸宗派は教線拡大の為、既存寺院を参加に加える手法をとった場合も多いです 攻撃的なケースでは日蓮が他宗派の寺院の住職に法論を挑んで、勝った代償に改宗させた例はかなりあるようです

その他の回答(5件)

0

そこまで珍しいことじゃありません。 日本にだけ存在する仏教宗派というのはコンビニと似ているんです。 本山(コンビニ本部)の下に末寺(コンビニ)があって、コンビニオーナーは本部に加盟金・上納金を収めます。 コンビニオーナー(宗教法人:在家代表で構成される)が契約中のコンビニ本部を見限って他社に乗り換えるようなものです。 他社にも乗り換えず独立するケースもあります。 (独立は真言宗系に多いです。加盟料が高額だそうです) (※神社の場合は”独禁法”違反じゃないwかというくらいに、神社本庁が市場を独占していますので、乗り換えるべき他社が存在しません。なので神社本庁を抜けると独立になります)

0

応仁の乱から戦国時代の頃の南都北嶺の対立に一向宗が絡んでくる頃には普通にやりまくり。 称念寺 って寺は元々は法相宗の興福寺の荘園だった所に一向宗が寺を造って占領して、織田信長の軍勢に攻められた際に協力した天台宗の妙楽寺に預けられて、秀吉の時代にその妙楽寺の勢力が大きすぎると分割されて以降は浄土真宗の寺(元に戻った訳だが)に成ってる。

1

普通にありますよ。 神社が寺になったこともあるし。寺が神社になったこともあるし。

1人がナイス!しています

0

横浜にある總持寺は、もともとは諸嶽寺という真言宗のお寺であったけれど、曹洞宗に変わりました。諸嶽寺の住職が瑩山禅師に寺院を譲られたのがきっかけで、宗派を改めました。

0

そのような例は各地でみられました。 とくに、戦国大名が隣国などを制圧し、 自分の信仰する宗派に改宗させた例があります。 また、荒れた廃寺を別宗派にした例もみられます。 鎌倉の大仏も今は浄土宗ですが、本来は真言宗でした。 そのため、あの大仏(阿弥陀如来)は密教系の姿のままなんだそうです。