ここから本文です

次週のドラマ探偵由利麟太郎「憑かれた女」は、手短かに言うとどのような話ですか...

アバター

ID非公開さん

2020/6/1917:47:30

次週のドラマ探偵由利麟太郎「憑かれた女」は、手短かに言うとどのような話ですか?Kindleの試し読みのダウンロードに失敗したので教えてくださると助かります。
(現代に設定した場合、どのあ

たりが改変されそうかなど)

閲覧数:
140
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

山本知彦さん

2020/6/1918:05:31

探偵由利麟太郎「憑かれた女」のあらすじです。




京都祇園のクラブでホステスとして働く吉岡エマ(水上京香)は、
“黒い影"に襲われる悪夢に悩まされていた。

店にいるときも、恋人といる時でさえも、
黒い影は突然、目の前に現れ、エマを恐怖に陥れていた。
心をむしばまれたエマは、天井から切り落とされた女の腕が
落ちてくる幻覚まで見るように。

一方で同じホステスの神崎美沙子(柳ゆり菜)は、
気味が悪いとエマを激しく敵視する。

その頃、学生時代の旧友でミステリー同好会の仲間だった
井出と会っていた三津木俊助(志尊淳)は、
道端で放心状態のエマに遭遇する。
井出が店の常連客だと知ったエマは、突然「女性のシ体を見た」
と言い出す。

聞けば、ドラマのオーディションで連れていかれた洋館で、
バスタブの中でシんでいる美沙子を見たという。
しかし、日頃から幻覚に悩まされていたエマは、
それが現実だという確信が持てない。

真相を確かめるべく由利麟太郎(吉川晃司)に助けを求めた俊助は、
早速洋館の場所を突き止めるが、
そこにはシ体どころかサツ人が行われた痕跡も見当たらない。

さらに翌日には、
美沙子が店に来たとママの梶原絹江(山口香緒里)が証言。
やはりエマの幻覚だったのかーー。
そう思った矢先、エマが見たという凄惨な光景、
洋館のバスタブから美沙子のシタイが発見される……!

アバター

質問した人からのコメント

2020/6/19 21:05:35

勇気あるネタバレありがとうございました。
火曜日が楽しみです。

「由利麟太郎」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる