化石燃料に属する資源種のうちで石油、天然ガス、シェールガス、石炭の4つについて、以下の3項目を主題とする簡潔な総括文を作成すること:

化石燃料に属する資源種のうちで石油、天然ガス、シェールガス、石炭の4つについて、以下の3項目を主題とする簡潔な総括文を作成すること: 1) それぞれの資源は地球の過去のどんな自然事象によって、地下のどんな場所に資源物質が集積したものと考えられているか。 2) 特に地球環境保全の立場にたって、「石炭」という在来型の資源が現在直面している課題は何か。 3) 現在の日本では化石燃料資源を事実上ほとんど産出していないが、わが国への主な供給元はそれぞれについて世界のどの地域・国であるか。今後の日本はエネルギー源の調達に関する政策としてどう進めていくのが望ましいか、各自の意見をのべよ。 宜しくお願いします!400字程度で分かる方教えていただきたいです

石油、天然ガス24閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

いずれも化石燃料です。動植物の化石が堆積によって圧縮され出来たもの。数億年から数十億年の成せる技。 石炭は主に木の化石からなるもの。石油に比べると使い道が少なく燃料としての燃焼効率も悪い。しかし、固形物なので比較的採掘作業がしやすく、薄い地層で採掘されるので露天掘りなどで採掘が可能。採掘コストが安価。石炭の課題は地上のみでの採掘。使用用途が少ないこと。燃焼効率が悪いこと。結果大量の石炭を必要とすること。 輸入先(財務省の統計資料) http://www.ene100.jp/www/wp-content/uploads/zumen/1-2-4.pdf#search=%27%E7%9F%B3%E6%B2%B9+%E7%9F%B3%E7%82%AD+%E6%97%A5%E6%9C%AC+%E8%BC%B8%E5%85%A5%27 日本はエネルギー源の調達に関する政策 自然エネルギー、太陽光、風力、水力などである。また波エネルギー発電などがあるが、海洋航路の影響もあり、台風の通り道などリスクも多く未実施。(一部実験的に実施) その他新エネルギーはたくさん。(ミドリムシなど) いずれも、生産コストが高く、石炭や石油に変わるものとしては至っていない。 施策としては、今のまま化石燃料が使える間は使い続け、原発は廃止の方向性が強いが、ある日突然は止められないので徐々に減らす方向で、50年から100年かけて自然エネルギーを模索しつつ、宇宙からのエネルギー源も検討しながら進める。