ここから本文です

日本語って何で3文字も使わないと書けないようにしたんですか?

アバター

ID非公開さん

2020/6/2615:27:20

日本語って何で3文字も使わないと書けないようにしたんですか?

閲覧数:
4,054
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sch********さん

2020/6/2623:55:04

おそらく漢字、ひらがな、カタカナのことを指しているのだと思いますので、それを前提に回答します。

結論から言うと、日本語の記述形式では単語間にスペースをいれないため、単語の切れ目がわかりやすいように漢字やカタカナが必須になったからです。

歴史的な経緯としてはかなり複雑ですが、簡単にいいますと次のような流れです。

・日本語は大昔より漢字が基本だった
・平安時代にはカタカナやひらがなを用いる文書も書くようになったが、名詞部分を漢字で書くことで単語の区切りをわかりやすくしていた
・江戸時代以前の学識者は漢字とカタカナを基本としており、学問といえば漢字とカタカナだった
・書きやすく覚えやすいというので明治政府は学校でカタカナを先行して教えた
・他方、庶民は江戸時代より漢字とひらがなだった
・西洋語が大量流入した際に単語の区切りがわかりやすいようにカタカナを用いて表現した
・こうして戦前には現在と同様に漢字とひらがな、カタカナを使う文化が成立した

単語に区切りに漢字を使うかカタカナを使うかで全く意味が異なったりします。
具体的には、例えば「わたしはじょうじまけんじです」という文書について、
「私は城島健二です。」
「私はジョージマケンジです。」
では、前者が日本人、後者が外国人かな?となります。
他にも「音入れに行く」と「おトイレに行く」では何をしようとしているのが一目瞭然です。
名詞でなくても「みみがきいんとなった」という文章について
・「耳が起因となった」
・「耳がキインとなった」
と書くと別の意味になる文章となります。カタカナで書くと漢字で意味のある名詞でないことがすばやく通じます。

現在、日本語では3種類の文字どころか、ラテン文字(アルファベット)も気にせず文中で使っています。例えば、NHKとかJRとか組織名もありますが、最近では、番組MCやpv数といった「ラテン文字+漢字」からなる名詞が普通の文中に出てきます。

こういう柔軟性が日本語の表現の豊かさにつながっているものと思います。

アバター

質問した人からのコメント

2020/6/27 18:22:25

ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ポアロさん

2020/6/2618:29:29

何文字でもいいから意味が伝わるように使いなさい。

tom********さん

2020/6/2617:51:51

英語のことを念頭に質問しておられるなら、
それは略字です。
イギリス語、英吉利語の略ですよ。
同じくフランス語、仏蘭西語、仏語。
ドイツ語、独逸語、独語。

ちなみに、日本語って日本語じゃないんですよね。
日本も語もやまとの民たちの言葉ではありません。
中国語ですから。
大和の民たちの言葉では「やまとのたみたちのことのは」となります。

2020/6/2616:58:14

何のことだよ

日本語は便利なとこもある
漢字が読めなくともひと目で何となく意味が通じる
英語のスペルだけでは意味は絶対に分からん

acc********さん

編集あり2020/6/2615:51:17

自然の流れです。
Englishなんて7文字も必要性ですよ。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる