ここから本文です

西城秀樹さんの「愛の十字架」が1974年頃のロシア(当時は共産主義のソビエト連邦...

アバター

ID非公開さん

2020/6/2813:14:02

西城秀樹さんの「愛の十字架」が1974年頃のロシア(当時は共産主義のソビエト連邦)のラジオ番組で、オリヴィア・ニュートン=ジョンやベイ・シティ・ローラーズの楽曲と共に紹介されたそうですが、

どの様な感じで日本の楽曲が紹介されたのでしょうか?
また凄いニュースだと思いますが、この出来事は当時の日本ではどの様に報道されたのでしょうか?

閲覧数:
447
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

obl********さん

2020/6/2909:58:32

そういえば確かその様なこともありましたね!私もすっかり忘れてしまっていました。想い出させて頂き感謝の極みです。

ソ連(モスクワ?)のラジオを偶々聴いたという、ロシア語の分かる人物が発端で、知人経由で教えてもらった記憶があります。西城秀樹さんもデビューして間もない頃のことで、日本の歌謡曲など全く興味の無い当時のソ連ですので、当然のこと知名度は無いはずです。その頃の日本のヒットチャートNo1の曲として紹介されていたとその知人から聞きました。

西城秀樹さんが、デビュー2年目にして「ちぎれた愛」に続いて、新御三家で初となるオリコン1位に輝き、”世紀の絶唱!!”と絶賛されたこの曲は、スケールの壮大さが感じられ音楽的にも素晴らしく、その歌唱力が遺憾なく活かされている作品で、全身全霊をささげた様な絶唱での奇跡のビブラートが聴衆の魂を揺さぶります。

【愛の十字架】(1973年12月5日)
https://www.youtube.com/watch?v=FtNZPvajDs0
https://www.youtube.com/watch?v=2KNihj8OjjA
https://www.youtube.com/watch?v=28_wpPWcsU0

この様な名曲とその圧巻の歌唱が、当時のソ連で紹介されていたとは、日本人として誇りですね!キリスト教に関係する「十字架」ですから、西洋の世界でもヒットする様な曲だとも思いました。日本国内で大々的に伝えられなかったのが不思議です。

そういえば確かその様なこともありましたね!私もすっかり忘れてしまっていました。想い出させて頂き感謝の極みです。...

アバター

質問した人からのコメント

2020/7/1 20:59:19

ありがとうございました。

「西城秀樹」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pra********さん

2020/6/2918:03:35

すみません、その事実は知りませんでしたが、日本で報道されていないことだけ、私の意見を述べさせていただきます。

こちらの知恵袋Q&Aに私が回答しましたが(個々のスタッフの単純な好みではなく)各メディアには企業として差別化するための独自色があり、それを元にして応援(ひいき)するタレントが決まっていて、メディア同士の力関係やつながりの程度によって、郷ひろみさんと野口五郎さんを応援する複数のメディア群と、沢田研二さんと西城秀樹さんを応援する単一のメディアに分かれます。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q111988671...

郷ひろみさんと野口五郎さんを応援する日本テレビ系、フジテレビ系、テレビ朝日系、テレビ東京系の各メディアは、新御三家の中で「人気」は郷ひろみさん、「実力」は野口五郎さんということを世間にアピールする一方で、逆に西城秀樹さんの「人気」や「実力」については、世間の評価を下げるために、さりげなく批判してきました。

例えば、日本テレビ『NTV紅白歌のベストテン』が行っていた人気投票や『日本テレビ音楽祭』トップアイドル賞、並びに月刊『明星』でやっていた人気投票結果は、郷ひろみさんが常に1位でした。

そしてこれらのメディアは、演歌を重視するNHKと共に「新御三家で一番歌唱力があるのは、野口五郎である。」という事を定説にするために、野口五郎さんの歌の上手さを番組でアピールする一方で、 西城秀樹さんに関しては、露骨に「声が悪い。」「怒鳴って歌っているだけだ。」「うるさくて引いてしまう。」「ひとりで酔って歌っている。」「歌に自信が無いから振り付けを入れている。」などと繰り返し悪評してきました。

さらに西城秀樹さんの曲の中で、「ちぎれた愛」「愛の十字架」「至上の愛」「ジャガー」「若き獅子たち」「炎」「ブルースカイブルー」などの歌唱力の高さが納得させられる様な曲を封印し、「情熱の嵐」「ブーメラン・ストリート」「YOUNG MAN」「薔薇の鎖」「激しい恋」などの歌唱力には余り関係の無さそうな、比較的に軽い曲を番組では多く取り上げました。

1973年には「情熱の嵐」がまずヒットし、続く「ちぎれた愛」「愛の十字架」が連続して新御三家では最初のオリコン1位を獲得、さらにその歌唱力が認められ『日本レコード大賞』で歌唱賞を初めて受賞しました。

それにも関わらず同年の『NHK紅白歌合戦』に、少なくとも実力では郷ひろみさんを上回り、人気では野口五郎さんを上回っていた、西城秀樹さんだけが落選したのは、当然代表曲となるべき「ちぎれた愛」「愛の十字架」を西城秀樹さんの歌唱力の高さが納得させられるということで、NHKが世間から封印したかったからではないか、という疑念が今でも残ります。

ロシアのラジオ番組で放送されたという事も、同じ理由から封印されたのではないでしょうか。

ech********さん

2020/6/2814:01:55

1974年当時、日本国内で質問にあるような報道の類はまったく無かったと記憶しています。

以下、あくまで個人的な推測に基づく回答ですので、読み流していただければ幸いです。
もしかしたら、「ロシア(当時は共産主義のソビエト連邦)のラジオ番組」というのは、当時「モスクワ放送」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%81%AE%... と呼ばれていた国際放送の日本語版放送のことではないかと思われます。
https://www.youtube.com/watch?v=ja-mn3osvUc
https://www.youtube.com/watch?v=KfO1HOy_2rg
https://www.youtube.com/watch?v=5_Rn2jf0iEA
この放送には音楽番組の時間もあり、秀樹さんやオリビア、ローラーズなどのいわゆる「西側諸国」の曲も流れていたようです。(ちなみに、自分は、モスクワ放送の放送されていた時間帯は周波数の近いニッポン放送を聴いていました)
「日本でトップアイドル・西城秀樹のヒット中の曲」ということで「愛の十字架」が流れたのではないかと思われますが…。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる