以下のYAHOO!JAPANニュース(読売新聞オンライン)の記事を読んで、下の質問にお答え下さい。

以下のYAHOO!JAPANニュース(読売新聞オンライン)の記事を読んで、下の質問にお答え下さい。 https://news.yahoo.co.jp/articles/2316ef93f58d085d20307b99526a2112c6d10d5d (【独自】稲田検事総長が退任へ、後任に林検事長…国民の信頼回復が急務) 『検察トップの稲田伸夫・検事総長(63)が7月中に退任する意向であることが関係者への取材で分かった。後任には林真琴・東京高検検事長(62)が就く見通し。検察ナンバー2だった黒川弘務・前東京高検検事長(63)が賭けマージャン問題で5月に辞職しており、林氏にとっては、国民の信頼回復や検察組織の立て直しが急務となる。 稲田氏は法務省官房長や同刑事局長、法務次官などを歴任した後、東京高検検事長を経て2018年7月、検事総長に就任した。 検察庁法では、検事総長の定年は65歳、高検検事長は63歳と規定される。稲田氏は定年まで1年余りを残すが、総長の在任期間は近年、2年前後が多く、林氏が7月末で63歳の定年を迎えることから、7月中に退任し、後進に道を譲ることを決めたとみられる。』 ① 稲田伸夫検事総長は、検察の歴史からすれば、名検事総長だったと思いますか? ② 次期検事総長に内定した林眞琴東京高検検事長は、稲田伸夫検事総長を引継いで、安倍晋三周辺の疑惑解明に乗り出すと思いますか? ③ 『検察ナンバー2だった黒川弘務・前東京高検検事長(63)が賭けマージャン問題で5月に辞職しており、林氏にとっては、国民の信頼回復や検察組織の立て直しが急務となる。』とは、黒川弘務前東京高検検事長が去っていった事でも国民からの信頼回復は成されていて、後は検察組織の立て直しと疑獄事件の解明に心血を注ぐ事が必要なんじゃありませんか? ④ 『総長の在任期間は近年、2年前後が多く、林氏が7月末で63歳の定年を迎えることから、7月中に退任し、後進に道を譲ることを決めたとみられる。』が、今度こそ検察への人事介入を安倍晋三にさせては成りませんね?

ベストアンサー

0

① 稲田伸夫検事総長は2019年末から、黒川弘務前東京高検検事長への禅譲を安倍晋三自公連立カルト政権(官邸)側から言って来たのを退官拒否しており、時の政権に逆らって居座った当然の事でも、普通ではし難いのであります。 従って、検察の歴史からすれば、名検事総長だったと言えるのであります。 ② 次期検事総長に1ヶ月以内に就任する林眞琴東京高検検事長は、稲田伸夫検事総長を引き継いで、安倍晋三の周辺の疑惑解明に乗り出すのは必定かと思うのであります。 ③ 検察のNo.2だった黒川弘務前東京高検検事長が賭け麻雀問題で5月に辞職しており、林眞琴次期検事総長にとっては、国民の信頼回復や検察組織の立て直しが急務に成るのであります。 しかしながら、黒川弘務前東京高検検事長が去った現下に置いては親黒川の粛清も始まるであろうし、後は検察組織の立て直しと疑獄事件の解明に本腰を入れてトップを狙うべき事案の立件をして貰いたいと思うのであります。 ④ 林眞琴東京高検検事長の検事総長への昇任に付いては、安倍晋三自公連立カルト政権が二度と人事介入を許すべきでは無く、来月の今頃には林眞琴新検事総長による指揮で、検察は健全に動いてくれると大いに期待しているのであります。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます!

お礼日時:7/4 20:38