ここから本文です

吸収線量から実効線量

アバター

ID非公開さん

2020/7/300:31:04

吸収線量から実効線量

実効線量から等価線量

の求め方や式を教えてください!!
急ぎでお願いします

閲覧数:
16
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

isotope137さん

2020/7/801:34:26

ある臓器の等価線量は,
吸収線量[Gy] × 放射線加重係数 = 等価線量[Sv]

実効線量は,
Σ (等価線量[Sv] × 組織加重係数)
です。

吸収線量は[Gy]=[J/kg]で表される純粋な物理量です。「1kgの物体に放射線がどれくらいエネルギーを与えたか」と解釈できます。

等価線量はα線やβ線など放射線の種類の違いを考慮(加重)した上での「各臓器への影響」を表す量です。例えばα線はβ線やγ線よりも臓器への影響が20倍大きくなると考えられています。これが放射線加重係数の意味です。

さらに実効線量は各臓器の放射線感受性の違いを考慮(加重)した上で全臓器の等価線量を足し合わせた「人体全体への影響」を表す量です。例えば同じ等価線量であっても生殖腺は肝臓や食道よりも2倍影響を受けやすいとされています。こうした臓器ごとの放射線による影響度合いの違いを考えた上で,全ての臓器の等価線量を総和したものが実効線量です。

アバター

質問した人からのコメント

2020/7/10 00:48:12

ありがとうございます!
助かりました

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる