ここから本文です

アパートの大家をしています。

西成のおっさんさん

2020/7/316:02:54

アパートの大家をしています。

家賃滞納を6ヶ月している者がいて、出て行ってくれるように言っているのですが、裁判の判決があるまで出ていかないと言います。
この者は以前は会社員でしたが、今は生活保護です。
保証会社には入っていません。
知り合いの不動産屋に相談したところ、
出ていかない奴は裁判しかない。
ただし、生活保護からは、滞納分を取り立てでき
ない。
と言います。
もし、裁判して勝訴しても、生活保護者からは、保護費を差押えなど出来ないのでしょうか?

閲覧数:
322
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

狸の旦那さん

2020/7/317:21:37

家賃滞納の賃借人に退去(建物明渡)をさせるには、賃貸契約の解約
が必要です。滞納家賃の回収には『公正証書(債務名義)』が必要で
す。

生活保護者から滞納家賃を回収して退去させる方法は?

1.滞納をしている賃借人に勧告状と滞納家賃の請求書を送付する。

2.市役所福祉部生活保護課に生活保護者の『家賃扶助を支給』して
いるのか?を確認をして、支給をしているのなら直接家主に支払うよ
うに申立てる。

3.家賃滞納者に簡易裁判所より『支払督促』の申立をして、滞納家
賃の『公正証書(債務名義)』を取得する。

4.生活保護費は、裁判所からの強制執行で『差押の範囲で禁止され
たいる(民事執行法)が、滞納者の銀行口座(生活保護費に支給口座)
へ裁判所からの執行で滞納家賃の差押えをする。

5.家賃滞納者が頑なに退去を拒否したときには、簡易裁判所に公正
証書・勧告状・債権差押命令申立書等を証拠書面として『建物明渡事
件(訴訟)』で滞納者を被告として提訴をする。

相手(家賃滞納で生活保護者)は、債権者(家主)が建物明渡事件で
訴訟を提起しても「裁判では6ヶ月以上の日時が必要だと知っていて
その期間は家賃の支払いを免れることを熟知(ネット検索?)」して
います。
支払督促での公正証書を取得していますと、建物明渡での裁判の時間
が大幅に短縮できて退去までの期間が短くなります。

まずは、滞納している家賃(債務)から賃借人を『公正証書』で支払
いで市役所・裁判所からの強制執行で滞納家賃の回収をして、それで
も退去を拒むのなら、建物明渡事件で訴訟を起こす方が効率的です。

回答:生活保護費は相手債務者の銀行口座に入金されますと、裁判所
からの強制執行(差押)が可能です。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

太郎 さん

2020/7/713:54:53

生活保護者ですから、役所へ何度も連絡しましょう。解決にはなりませんが、プレッシャーになります。本人に退去を勧告します。金はとれませんが、つぎの入居者をめざすことです。裁判はメリットがありません。はやく退去させることです。生活保護者は家賃受け取っているはずですが、、、、。役所も不動産屋もなかなか動きません、貴方が頑張りましょう

プロフィール画像

カテゴリマスター

msoさん

2020/7/319:32:51

弁護士さん立て、和解してお支払いしてもらいましょう。
お役所にも担当のケースワーカーにその旨お伝えし本人に支払ってくれる旨伝えましょう。
担当のケースワーカーさんにこの件伝えれば滞納理由もわかりますし指導も入るから。差し押さえはいきなりはできませんがね。

pap********さん

2020/7/318:02:11

まずは、裁判を起こされてから、強制執行しかないでしょう。

滞納分を取れるのであれば生活保護事態は無いでしょう、保護費は国が本人に税金から最低限度の生活を担保するものですから借金などの支払いに流用する事は禁じられています、

現実的には、裁判で勝訴しても本人が生活保護であるという事は裁判とは関係有りませんので、結審を元に口座の差し押さえ請求は出来てしまいます、生活保護費は本人の口座に振り込まれて来るものですので、その時点で押える事は出来てしまうでしょう。

seka*******さん

2020/7/317:56:55

生活保護受給者が家賃を滞納すれば「不正受給」ですので
すぐに役所に「通報」をして
家賃を役所から直接振り込みにしてもらうように「申請」すればよかっただけなのに。←代理納付制度

不動産屋さんも何故教えてくれなかったのかが疑問ですね。←国土交通省から生活保護の代理納付制度については不動産業界に通知が流れていますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tan********さん

2020/7/316:49:51

民事裁判では失うものの無い生活保護者は
無敵です…残念ながら…

その生活保護者が一番嫌うのが生活福祉課の
ケースワーカーです、家賃の使い込みを禁止する為に大家さんに直接支払いをしてる
市区町村もあります。

ちゃんと、支払いをさせる為には
市役所の生活福祉課に電話をして

〇〇〇〇さんに物件を貸している大家ですが
ご担当のケースワーカーさんお願いします。

と言って担当CWに現状を説明しましょう
その上で、このままの状況が続くなら
裁判で退去命令を出して貰う予定である
旨を説明しましょう。

そうすれば、毎月の家賃と滞納家賃を
分割でも回収出来ると思いますよ?

裁判して退去させたら滞納家賃の回収は
一切、出来ないと思って頂いて構わないと思います。
生活保護法
第58条 差押禁止(保護費は差押できない)
第59条 譲渡禁止(保護の権利譲渡出来ない)

ですので、住まわせながら滞納家賃を
分割で払わせるのが一番損が無いと思いますよ。

必ず!生活福祉課のケースワーカーを間に
挟んでください、でないとまた滞納しだします。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる