日本の仮面文化について ベネチアには有名な猫の仮面がありますが、日本で祭りや、能などの芸能に使われる仮面で猫の仮面というのは存在しますか? また、珍しい仮面(動物など)がありましたら

日本の仮面文化について ベネチアには有名な猫の仮面がありますが、日本で祭りや、能などの芸能に使われる仮面で猫の仮面というのは存在しますか? また、珍しい仮面(動物など)がありましたら 、どこ所蔵の何という仮面か、あるいはどこの何という祭りに使われる仮面か教えてください。

1人が共感しています

ベストアンサー

1

とても面白い質問だなぁと思い、専門の方の回答をお待ちしていました。でもまた回答がつきませんので、推察に過ぎませんが書かせて頂きます。 日本での仮面は、神事で神になりきるためのものです。 秋田のナマハゲとか?キツネ面も動物ですが神様ですよね。 能も、ネットで見た程度ですが、発祥は神事のようです。 歌舞伎、その他はわかりません。 一方で、ベネツィアのネコの仮面は(これもネットですが)演劇の扮装から出て、装飾品の意味合いが強くなったようです。 ネコの存在ですが、日本ではネズミを捕るために飼われることから始まり、愛玩動物となったようですね。奈良時代からいたようで(弥生の遺跡から出土しているとも)驚きました。 人の役に立つための動物だったので、キツネやタヌキよりも神様にはなりにくかったのかなあ?それで、あまり見ないのかも、と想像ました。 招き猫とかはありますけどね。 専門家の回答をお待ちします。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございますm(_ _)m 歌舞伎では基本的に仮面を用いることがないみたいで、「化け猫」も化粧(隈取り)と猫耳で表現されているみたいですね。 日本には多くの俗習や地方ごとの祭りが存在するので、今後も探してみようと思います。

お礼日時:7/11 18:15