ここから本文です

山月記の書評をかけという課題がでたのですが、なにをポイントにして書けば良いで...

アバター

ID非公開さん

2020/7/418:58:25

山月記の書評をかけという課題がでたのですが、なにをポイントにして書けば良いですか?

調べたところ、書評とは新刊を紹介したり批判するものと出てきたのですが、紹介文みたいな感じで良いのでしょうか?

閲覧数:
9
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2020/7/1116:17:24

「山月記」について何か書くとすれば、「臆病な自尊心と尊大な羞恥心」について触れない訳にはいかないのではないでしょうか。
その一見矛盾した心情は、誰もが、と言ってしまうと言い過ぎだとしたら、かなり多くの人々が、持ち合わせているからです。「臆病な自尊心と尊大な羞恥心」の存在を明らかにしたこの小説の価値を論ずる際、あなた自身の「臆病な自尊心と尊大な羞恥心」が何かを語ってみては如何でしょう。「惚れたオンナにゃ手が出せねえ」とか。

あえて「臆病な自尊心と尊大な羞恥心」に触れないのも面白いかもしれませんが、難しいと思います。素財源である「人虎伝」との比較をすれば、「臆病な自尊心と尊大な羞恥心」が虎への変身の原因であるとした点が「山月記」の大きな特徴なのですから。

アバター

質問した人からのコメント

2020/7/19 14:19:40

ありがとうございました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる