ここから本文です

数十万円~数百万円する家庭用オーディオ機器はなぜそんなに高いのですか??? ...

mtx********さん

2020/7/800:57:07

数十万円~数百万円する家庭用オーディオ機器はなぜそんなに高いのですか???


商業用の非常に大型のスピーカー等は高価なのは分かりますが

個人用のアンプやスピーカーのどこにそれ程のコストが掛かっているのでしょうか?

スピーカー,数百万円する家庭用,アンプ,薄利多売,コスト,製造原価,日本製

閲覧数:
419
回答数:
9
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

cva********さん

2020/7/810:28:34

主な理由は、高くても買う人がいて商売として成立するからです。

例えば、製造原価5万円の製品に、100万円の価格を付けても買う人がいれば、その製品は100万円で売られます。
製造原価10万円の製品に、10万円の価格を付けても売れなければ、売れるところまで価格を下げるしかなく、商売として成立しないので世に出回らないことになります。
商売なので、いかに多くの利益が得られるかを考えて作られているので、製造原価が安かったとしても、高値で売られる商品があります。

100均ショップで売られている商品などは、製造原価1~10円程度ですが、お店に並べば10~100倍の価格で売られます。
10~100倍になるなんてボッタクリのように思えますが、買う人がいるから100倍にもなります。
1円が100円になるまでの工程には運搬費なども含まれるので、単純に100倍とは言えませんが、すべて含めて多くの利益が得られる価格に設定されます。
オーディオ機器も例外ではありません。

需要が高いものは販売競争が激しく、薄利多売で売るほうが利益が大きいと判断されれば、販売価格は非常に安く設定され、さらに大量生産効果で製造の合理化がされ、さらに価格が安くなります。
一部のマニアしか買わない製品は、薄利多売は通用しないので、1台売った時の利益が大きくなるように価格設定されます。

例えば、大量に売れる数千円の小型アンプが300台売れた時の利益と、50~100万円の高級アンプが1台売れた時の利益が同等になると思います。
オーディオ機器に限らず、世の中のあらゆる製品に言えることだと思います。

質問した人からのコメント

2020/7/8 15:28:45

価格が高いこと自体に価値があると言う事でしょうか。
非常によく分かりました。
皆さまご回答誠に感謝致します。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

san********さん

2020/7/814:23:34

安いと逆に売れなかったりする・・・。

以下だったっけかな??・・・内容からするととんでもなく
https://audio-heritage.jp/TRIO-KENWOOD/player/l-07d.html
ユーザーフレンドリーというかお買い得の製品だったらしいけど
安くてナメられて?あんまり売れなかったとか・・・また
評論家の長岡氏が以下で十分満足ということだったが
というか十分要求水準を満たしてる・・・ということだったが
プロなんだからもっと高額なの使え・・・と
業界や読者から言われるかも・・・と言ってたっけな・・・。
https://audio-heritage.jp/TEAC-ESOTERIC/player/vrds-25xs.html

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/7/813:07:24

年間 数十台~100台程度しか売れない にも関わらず、部品の加工にコストが掛かる上、回路は普通でも、その部品は厳選して 手間を掛けてる為です・・・
と、言う事も一つですが、実は高額の値札だから価値があるのです。

高級感を求める人の為に、コストを無視して(本来のコストより遙かに高額として)より高額なプライスを表示する事で、満足して買っちゃう人がいるのです。
※メーカーの利益率は高い

実際、音の違いは殆ど判りません。でもオーディオに凝ってる方は高調波ひずみ でさえ良い音と思うのですから。

高価なプライスは、満足感を得る手段です。

尚、200万円以上を払って、電力会社に依頼して庭先に専用電柱を立てて 柱上トランスを設置して、6,600Vから100Vをオーディオ専用に引っ張る人さえいますからね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/7/807:43:34

部品等が高級なものを使っている

coo********さん

2020/7/802:50:04

ブランドバッグや時計、宝石が高いのと同じ理由です。

hap********さん

2020/7/801:54:05

世の中には高額な事に意味のある商品と言うものが存在します。
昔、SONNYのNR-1と言うアンプを購入、あまりの情けない
音に腹を立てて分解してみて驚いた。

金メッキのたいそう立派な出力端子ここに繋がる内部配線は、直径
2mm程のただのビニール被覆の配線材、結構太い電源ケーブル
は本体内部に引き込まれた後、1mm程の厚さの茶色いベーク版の
いかにも安いターミナルを介してこれがまた笑ってしまう程細いトラ
ンスの配線に接続されて挙句に基板上の安い部品。

この電源ケーブルの処理を見て使う価値無しと3か月で売却した。
どこをどう考えても2台で100万円の価値は見出せなかった。
民生用のアンプはその後一切購入していない。

こんな会社の業務用のアンプにAMS-3と言うスピーカー内蔵の
アンプが有った。
出力からは想像出来ないほど大きなトロイダルトランス。
抵抗はすべてススムの金属箔抵抗、SANYOのパワーICの
出力段を持つがすこぶる高音質!
こんなのを見るといかに民生用の機器かなめられているか判る。

販売台数が少ないので開発コストや利益分が上乗せになるのは判るが
あまりにもお粗末な高級NR-1アンプでした。

勿論私感の範囲の感想です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる