ここから本文です

ドラムってなんでハイハットを右手で叩いて左手でスネアを叩くんでしょう?(右利き...

アバター

ID非公開さん

2020/7/821:24:00

ドラムってなんでハイハットを右手で叩いて左手でスネアを叩くんでしょう?(右利きの場合です)

クロスしたらやりづらく無いですか?

ハイハットとタム3の位置を交換すればいいのに。

閲覧数:
91
回答数:
4

違反報告

回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pen********さん

2020/7/1316:11:26

ドラムの成り立ちは他の方が説明されているので

左手でハットを刻むオープンハンドスタイルのプレイヤーを少し

Jimmy Copley
https://www.youtube.com/watch?v=hQkVY0kWnSI

茂木 欣一
https://www.youtube.com/watch?v=Sc8mMhE76rM

畑 利樹(刄田 綴色)
https://www.youtube.com/watch?v=YqBJSK3Rdls

基本的にライドシンバルも左側にセッティングされますが
フロアタムは右側にのみセッティングされているので
フロアタムでビートを刻む際には右手の方が叩きやすくなりますね。

m_4********さん

2020/7/1022:42:03

ハイハットは元々手で叩く楽器ではなく、左足で踏んで音を出すだけの楽器でした。

ドラムセットの始まりは、手でスネアやシンバル、右足でバスドラムを演奏するもので、左足には何もなかったわけです。しかしながら、その左足で一定のリズムをキープしているのを見た人が、ハイハットの前身である『ソックシンバル』を開発し、左足に担当させました。(今や世界的なドラムメーカーであるラディック社の創設者が考えたそうです。)

ドラムセットの始まりはジャズ。ライドシンバルが右側にあり、右手でリズムを刻んでいました。ジャズドラムならそれでいいのですが、その後ロックと呼ばれる音楽が流行します。よりキレのあるビートを出せるよう、ソックシンバルの背を高くし、ライドシンバルを叩いていた右手で同じ役割であるハイハットを叩くようになりました。なので必然的に手がクロスするんです。

ただ、右側にハイハットがある方が都合がいい状況もありますね。今ではリモートハットと呼ばれる、右側に(というかどこでも)ハイハットを置いてかつ左足でも操作できるスタンドもありますね。

met********さん

2020/7/1009:38:03

好きにしていいんですよ。

そもそもは右手でライド、左手でスネアですから。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

Fish Houseさん

2020/7/901:24:54

ドラムセットの歴史を知るとわかります。

ドラムセットが登場した当初はハイハットを刻むのがメインではなく、ライドを刻むのがメインでした。
ハイハットは裏拍を左足で踏むだけのことが多かったのです。
(ハイハットは刻むこともしていましたが、一部分だけでした。)

ビートルズの登場でハイハットを刻むことがメインスタイルになったのです。
それ以降は今のスタイルになりましたが、左手でハイハット、右手でスネアというオープンハンドスタイルでプレイするドラマーもいますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる