ここから本文です

読売巨人軍の遊撃手

wat********さん

2009/2/314:27:16

読売巨人軍の遊撃手

歴代の巨人の遊撃手を教えていただきたいのですが、

2008 坂本選手
2001~2007 二岡選手
2000 元木選手
1999 川相選手

の前に、川相選手がどのくらいの期間活躍したのか、
勝呂選手や河埜選手はどの時期だったのか、
知っていらっしゃる方教えていただけませんか。
よろしくお願いします。

閲覧数:
29,214
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bra********さん

2009/2/315:00:21

'91-'98 川相
'90 川相(たまに上田)
'89 川相・勝呂・緒方・上田
'88 岡崎(たまに勝呂)
'87 岡崎・鴻野
'86 河埜・岡崎・鴻野
'85 河埜・石渡・岡崎
'84 河埜(たまに鈴木康)
'83 河埜・鈴木康
'76-'82 河埜

河埜は'76年頃から遊撃手に定着し長年ポジションを保持。
成長してきた鈴木康友におびやかされるものの、ついには康友を
トレードで放出させるほどの不動っぷり。
そんな河埜も'85年頃から衰えが見え始め、岡崎が正遊撃手に。

岡崎は打撃を生かすために三塁手転向(原が左翼へコンバート)、
空いた遊撃の位置を若手で争う。
川相は'87年頃から「永遠の守備固め」みたいな扱いで
ベンチ入りするもののスタメンの機会には恵まれないでいたが
バントという武器を得て'90年から定位置確保。
そして'99年後半から二岡にポジションを奪われる。

質問した人からのコメント

2009/2/9 14:40:25

成功 ありがとうございました

「巨人 ショート 歴代」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kin********さん

編集あり2009/2/315:06:50

川相昌弘がレギュラーのショートだったのは1989~1998くらいです。
監督が藤田元司氏になってから重用されるようになりました。

勝呂博憲が活躍したのは1988頃ですが、ショートのレギュラーが固定しない時期でした。
1985~1988は岡崎郁がよく使われていましたが、勝呂、鴻野淳基、石渡茂などと併用が多かったです。
岡崎は川相がショートに落ち着いてからは、二塁、三塁等でも活躍しました。

河埜和正は1974~1984くらいの長きに渡ってレギュラーでした。
それより前は黒江透修、もっと前は広岡達朗・・・という感じです。

あさひさん

2009/2/314:51:14

川相さんは第二期の藤田さんの時代の89年から台頭してきたと思います。
最初は外野も守っていました。河埜選手は84年くらいまでレギュラーだったと思います。
その後は岡崎選手・鴻野選手・勝呂選手・緒方選手(のちに外野)などがレギュラーを
争ってましたがいまひとつこれというものがなく併用状態で、その後、藤田さんが確実な守備と
バントのうまさに目をつけ2番に抜擢しました。こんな感じだと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる