kum丞相に質問です。 兵站の思想に欠けると、 長期的には敗北しますか? 項羽以外に、そんな例はありますか?

kum丞相に質問です。 兵站の思想に欠けると、 長期的には敗北しますか? 項羽以外に、そんな例はありますか?

中国史10閲覧

ベストアンサー

0

警視はしていないけど秀吉の朝鮮侵攻は兵站を攻められてじりじり追い詰められていますよね。 また、ナポレオンのロシア遠征も同じです。この時ナポレオンは補給部隊を用意していましたが、それはあくまでも国境付近でロシア軍を包囲殲滅するのに必要なものでした。しかし徹底的に対戦を避けられ、退却を続けられた結果、焦土作戦にはまり、兵站の維持ができなくなり最後は大敗北を喫しています。 上の秀吉の侵攻作戦も同じですね。 更に言うなら日中戦争からの太平洋戦争とかもその一環ですね。本来短期戦を考えていたのがずるずる戦線を拡大することになり、当然兵站は追い付かなくなり、と言う結果です。 日本もフランスも狭い国内や欧州での戦いなら、そこまで兵站を考慮せずに相手領地で分捕るだけでも良かったのでしょうが、ロシアや中国のような大陸でとなると焦土作戦などで戦線を引き延ばされると対応が難しくなってくる。狭い国土出身者と大陸出身者とでは兵站に関する視点、重要性の認識が少し違うのかもしれませんね。