回答受付が終了しました

【難治性のてんかん、全盲、弱視、色盲(色弱を除く。)、脳性麻痺、統合失調症、無自覚性の低血糖症etc】 これらの人たちは運転免許を取得できない、あるいは取得できない場合がある 【全

【難治性のてんかん、全盲、弱視、色盲(色弱を除く。)、脳性麻痺、統合失調症、無自覚性の低血糖症etc】 これらの人たちは運転免許を取得できない、あるいは取得できない場合がある 【全 聾、てんかん、片目失明、視覚狭窄、車椅子、肢体不自由、知的障害、発達障害】←これらが運転免許を取得できます あってますか?

回答(3件)

1

まず、「難治性のてんかん」と「てんかん」に関しては、そういった区分が無く難治性でなくとも治療を継続していなかったり服薬を度々怠っていたりして、意識障害を伴う発作が頻繁に起きるものは、免許の拒否事由になり得ます。 「脳性麻痺」は、「車椅子、肢体不自由」に含まれており、免許を取ってる方も居ます。 「片目失明、視覚狭窄」は、双方が併発してると適性検査に合格出来ない場合があります。

1人がナイス!しています

1

車椅子、肢体不自由の方は運転免許が取れます。 障害者用改造車を使って運転しています。 制度もあります。 我が息子は1種1級で車椅子使用者ですが、免許を取りました。 他の障害の方はわかりません。

1人がナイス!しています

0

あってます、車の運転はサルでもできます、重度の精神障碍者でない限り可能です。