回答受付が終了しました

ID非公開

2020/7/25 4:42

22回答

フランス語の形容詞の用法を実際の例を使い説明しろという課題が出たのですが、どなたかこれをわかりやすく解いてくださる方はいませんか?

フランス語の形容詞の用法を実際の例を使い説明しろという課題が出たのですが、どなたかこれをわかりやすく解いてくださる方はいませんか?

フランス語19閲覧

回答(2件)

0

ネットにはフランス語を解説しているサイトがたくさんあります。おおむね初級レベルですので、簡単に理解できます。それらのいくつかを読まれて、ご自分でまとめられるのがいいでしょう。 このカテでも時折紹介されている以下のサイトは簡単にわかりやすくまとめられています。北鎌フランス語講座 http://class.kitakama-france.com/index.php?%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E8%AA%9E%E5%BD%A2%E5%AE%B9%E8%A9%9E 以上のサイトと他の2,3のサイトを読まれて(同じようなことが書いてあると思います)、それを元にしてご自分でまとめられて下さい。 なお、課題がフランス語の形容詞と言うことですが、形容詞全般でしょうか?それとも、品質形容詞だけでしょうか?後者だけである可能性もあるので、先生に確かめられて下さい。 少しだけ参考程度に書いてみます。 形容詞全般なら、品質形容詞と非品質形容詞に分け、それぞれの説明をする。大事なのは、それらを用いることが出来るためには何を知るべきなのかと言うことです。 品質形容詞について、少しだけ書いてみます。 まず、品質形容詞には2つの大きな用法があることを述べる: 1)êtreを介しての用法(属詞形容詞、ce garçon est petit)、2)直接名詞に係る用法(付加形容詞、ce petit garçon)、 それぞれの注意すべきことを述べる: 2つに共通するのは性と数の一致について述べて、そして、それぞれ1と2に固有の注意点に移る(眼点はいつも、それを用いることが出来るためには何をしらなければならないか?ということです) 2に関係する最も重要な問題が形容詞の語順(名詞の前か後)でしょう。 この難しい問題をどこまで説明するのか?これはこの課題がどのレベルのフランス語学生を対象としているかによります。初歩的な人なら、列挙で十分。フランス語の言語学の学生ならそれではだめで、なぜかの問題に取り組む必要がある。たとえば、形容詞の語順でよく列挙されているのが、形容詞の位置によって意味が違う形容詞:un ami ancien(昔からの友達)、un ancien ami(かつての友)。初歩的なレベルでの課題なら、このような名詞の列挙で十分だが、上のレベルなら、なぜそうなのかの説明が欲しいところ。もちろん、この問題は冠詞ほどではないにしても、フランス語文法中、難しい問題で、統一した考えはないので、書ける範囲で十分で、もし書けなければ、何が問題で書けないのかを説明できればいいが、それも無理なら、その旨を書けばいい(このレベルでは100点満点の回答など存在しない)。 私からのアドバイスは以上ですが、やはり、1)課題の形容詞は全ての形容詞かの確認、2)どこまで説明すればいいのか、この課題が課されたクラスのレベルはどの程度か、これはあなたにはおわかりでしょう。 この2点を頭に入れて、本などの丸写しなどせず、自分で勉強して、自分なりにまとめられて下さい。