回答受付が終了しました

ID非公開

2020/7/25 10:01

33回答

ベタの水槽の水換えについて質問です。 カルキ抜きに、白濁の蓋つきボトルを使用したいのですが、この場合蓋をしたままでもカルキは抜けるのでしょうか。 (バケツやペットボトルでの例はた

ベタの水槽の水換えについて質問です。 カルキ抜きに、白濁の蓋つきボトルを使用したいのですが、この場合蓋をしたままでもカルキは抜けるのでしょうか。 (バケツやペットボトルでの例はた くさん見かけたのですが、やはり日に当てる?というのが重要なのかと思いまじで…) 今までカルキ抜き剤を使用していたのですが、自然に抜いたものの方がいいと見たので、やってみようかと考えています。 ご教授願います。

ペット | アクアリウム32閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

回答(3件)

0

カルキ抜きが1番確実です。 以前ブログか何かで観察記録を付けてた方がいらっしゃいましたが、夏などは日光に当てて数時間で塩素が抜けたのに対して冬は地域や天気にもよるのでしょうが2-3日かかったりした日もあったようです。 日照条件などで不安定なようです。 その方の結論としてはカルキ抜き剤の使用が魚の負担もなく安心できるとの事でした。 参考までに。

0

密封されていても問題ありませんよ。 水道水のカルキ(エンソ)と呼ばれる物は、次亜塩素酸塩やクロラミン類ですが これらは紫外線によって分解されます。 余談ですが、 次亜塩素酸分は、室内でのエアレーション等で抜けますが、 クロラミン類は揮発性がないため、エアレーション等では抜けずに残ります。 紫外線に当てるか、カルキ抜き材を使うのが確実です。 長期保存できるペットボトルの水は雑菌が入らないように密封されています。

なお 規定量であればカルキ抜き剤でも全く問題ありませんよ 少量のカルキ抜き剤を量る方法がない時は、「4in1」など水60Lに12ml入れるカルキ抜剤では、 水1Lに対して5、6滴入れればOKです (「コントラコロライン」も「100均の液体カルキ抜き」もほぼ一緒の濃度)

0

蓋を開けなければ抜けませんよ。 ※災害時用に長期保存できる水もカルキが抜けないからです ( *・ω・)ノ