築41年のミサワホームの家です。屋根もミサワホームのコロニアルになります。これまで屋根のメンテナンスをしたことがありません。 天井から雨漏りの音が聞こえ、また一か所窓のサッシから雨漏りがする為、4社に屋根

築41年のミサワホームの家です。屋根もミサワホームのコロニアルになります。これまで屋根のメンテナンスをしたことがありません。 天井から雨漏りの音が聞こえ、また一か所窓のサッシから雨漏りがする為、4社に屋根 を見てもらいました。 そのうちの1社はハウスメーカーのリフォーム会社になります。ハウスメーカーを含む2社からは、葺き替え、他の2社からはカバー工法を勧められました。 ハウスメーカーからは屋根の隙間から雨が循環しており下地が弱っておりカバー工法だと屋根が落ちる可能性があると言われ、もう1社からは旧耐震の家でカバー工法だと重くなって危険なので葺き替えが良いと言われました。また、カバー工法を勧めた会社2社のうち1社からは、現在の屋根はアスベストを使用しておりアスベストの屋根は強いが、葺き替えにすると屋根が弱くなると言われました。もう1社からは乗っても撓まないのでカバー工法で大丈夫だと言われました。 素人ではどちらの方が良いのか分かりません。専門の方の意見をお聞かせください。よろしくお願い致します。

リフォーム262閲覧

ベストアンサー

1

築41年のミサワホームーーとなると、屋根裏にまで上昇した暖気による結露のために、野地合板が傷んでいることが予想されます。 さらに、屋根のてっぺんに棟換気が付いていない時代でしょうから、なおさらです。 さらにさらに、雨が回っているという事ですと、野地合板の痛みの進行は早いです。 「もう1社からは乗っても撓まない」との事ですが、信じられません。 たわんでいない事が分かる写真とか測定とかデータをいただいたでしょうか? 無理やりカバー工法を押し付けているように思えます。 ですので、カバー工法で、野地合板は既存のものを未確認のまま再使用するという計画は、絶対にNGです。 アスベスト混入屋根材の処理費用が発生したとしても、野地板確認・貼り替えた上での、屋根の葺き替えをお勧めいたします。 「葺き替えにすると屋根が弱くなる」--意味不明です。 2000年ころよりノンアスベスト屋根材が発売され、改良されていますので、ご心配はないと思います。 以上、参考にしてください。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お二方両方のご意見とても参考になりました。ありがとうございます。 葺き替えで板金工事会社の見積もりを比較したいと思います。

お礼日時:8/2 22:13

その他の回答(1件)

1

30年以上前から、コロニアルの塗り替えと葺き替えをやってきましたが、 コロニアルの出始めの型は、重ね部が少なく、 また、勾配が緩いのと、まだ施工法が確立されていなかったことから、雨漏りする事があったり、屋根の傷みも激しかったものです。 塗料が、現在のものよりかなり劣っていたことも大きな要因です。 40年前のコロニアルですと、出始めの型なのか、改良された型なのか、私には分からないところです。 しかし、当時の軽量鉄骨メーカーのコロニアルの屋根は、ほぼ全てが勾配が緩く、せいぜい三寸五分程度だと記憶しています。 野地ベニヤの傷みも懸念されますが、結露による劣化も心配ですが、雨が漏っているとなると、 相応に傷みがあることは間違いないと予想されます。 さて改修方法ですが。まず塗装による方法は除外されるでしょう。 その上で考えると、 ①被せ工法(いわゆるカバー工法) ②屋根材のみ交換で、金属屋根かコロニアルに交換。瓦は無理。 ③屋根材及び野地ベニヤを解体して、金属屋根かコロニアルに交換。瓦はやはり無理。 価格は、①②③の順に高くなります。 ②ですが、ベニヤの傷みが非常に考えられますので、今回はどの業者も提案していないように、これは除外になるでしょう。 結局は、 ①のカバー工法か、③の全面的な葺き替えになるのです。 カバー工法について、説明しますと、 これは特に変わった材料を使用するのではなく、 昔からあった横葺のトタン屋根(今はガルバリウム鋼板)を、上から鉄砲で、バシバシ打つだけの工事です。 前は、いろいろな屋根材がありましたが、現在は、基本的に、横葺屋根が主流になっています。 これの特徴は、屋根材が横に長いので、どこか傷んでいるベニヤがあっても、傷んでいないベニヤに釘が効いていれば、共持ちで、なんとかなるという考え方です。 しかも、上下の屋根材と嵌合して張っていきますから、屋根材全体で風に持ちこたえることが出来る訳です。 材料費が安価なのと、工期が早く終わるので、 費用が安く済ませることが出来る特長があります。 カバー工法で、高い施工費なら、ボッタクリと考えても差し支えありません。 質問者様の屋根が、三寸五分勾配とか三寸勾配で、 しかも寄棟であるなら、少しきついですが、 切妻屋根なら、まず大丈夫かと思われます。 しかし、リスクはありますので、カバー工法を選ぶなら、保証があるのかを確認しなくてはなりませんが、 一年を過ぎたなら、もう無理になるでしょう。 結局は、安さでカバー工法にするか、 安心路線で、全面葺き替えにするかの選択になるのです。 建て替えとか転居などの、これからの予定も考慮して費用も同時に考えて、最終的にどの方法にするか決められるのがよろしいかと思われます。 仮に、私が現実に相談されても、屋根の上に登って、歩いてみての判断と提案しか出来ません。 最終的には、質問者様の判断に委ねられるのであり、業者の言うことは、疑って聞いた方がよろしいでしょう。 いずれにしても、信用できる業者を選ぶのが大切です。 昔から営業している板金屋に頼むのが一番間違いはありません。 内外装も、知り合いの大工やペンキ屋なとを紹介してくれるでしょう。 メーカー系であっても独立系であっても、 リフォーム会社に頼むのは、絶対にやめた方が良いと断言いたします。

1人がナイス!しています

御質問文からは、カバー工法といっても、屋根材を張る前に、ルーフィングは、全面に敷いた方が良さそうです。 しかし、ルーフィングをコロニアルの上に敷いて釘を打つのですから、ベニヤの上にルーフィングを貼るのと比べると、効果は半減します。 カバー工法の正規の方法は、屋根高圧洗浄のあとに、粘着シートを張ってから、屋根の施工になります。 ただそこまでやると、屋根を張らなくても、粘着シートだけで、10年は持ちそうな感じもします。