ID非公開

2020/8/4 21:00

11回答

ベーシストの皆さんに質問です。

ベーシストの皆さんに質問です。 私はベース歴2年ほどで、指弾き、ピック弾きとスラップも少しなら弾けます。 最近テクニカルなベーステクニックに手を出し始めたのですが、ロータリー奏法や親指を使った高速アップダウン奏法を練習していると親指の側面の爪と皮の間の皮?がボロボロになってきて痛いです。硬くもなってきています。 左手の指先やベースを弾く時に使う右手の2本の指の先は一回硬くなって、弾き方が上手くなってくるにつれて余分な力が抜けてだんだん柔らかく戻っていくものですよね。 これは親指も同じなのでしょうか?あまりにも親指が傷ついている気がして、自分のやり方が間違っているのではと心配になって質問しました。 皆さんはどうでしたか? ちなみにギターを7年ほどやっているので弦楽器初心者ではありません。

ギター、ベース70閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

親指のプルアップはかなり親指に負担があり爪を痛める行為だと思います。90年代にフィッシュボーンのベーシストがやり出したのがはじまりでまだ歴史も浅いので、どう指に負担がかかり変形するかはまだ分からないと思います。ただし、親指が変形したり炎症を起こしたり爪が割れたりする恐れがあるのは確かです。 まず、痛いのであれば一旦休ませ、痛くない方法を模索されてはどうですか?他の人の指の入れ方などを見て。ちなみに僕も最初は痛かったからやりませんでしたが、痛くない角度を見つけてやってます。