回答受付が終了しました

ID非公開

2020/7/31 9:33

66回答

国立大の大学院生で授業料免除申請をしました。

国立大の大学院生で授業料免除申請をしました。 実家は貧困層ではないですが学費は自分で負担していたので、今年扶養を外れて独立生計となり、免除申請をしました。 ところが結果は4分の1免除でした…。 アルバイトは土日しか入れてなくて、あとは日本学生支援機構の奨学金で家賃や生活費がなんとかなっている状況です。 成績もほとんどAなので悪くない方だと思います。 わざわざ保険料など負担して扶養を外れたのに、さらに負担が増えた気がします(TT) 独立生計でも全額免除にならないなんて、そんなに枠が少ないのでしょうか? それとも奨学金を借りているのが影響しているのでしょうか? (博士課程にも行きたいと考えていたので、修士、博士課程の金銭のやりくりなどもアドバイスがあれば教えていただきたいです。)

回答(6件)

0

アラサーですが、国立の大学で、授業料完全免除の人たちがいましたけど みんな、ハーフで、お父さんが外国人で、働かなくなった、と言う人ばかりでした。 なので「収入0」くらいでなければ、完全免除は厳しいのかもしれないです。 彼らのご実家は、日本人のお母さんが働いて、家計を支えていたようですが、、、 一人、それで、博士課程までずーっと授業料無料だった人も知っていますが、、、 本当に、父親が「無職」でした。 なので、これくらいでなければ、厳しいのかもしれないです。 あと、私は結局大学院へは行きませんでしたが それこそ、親が年収1000万円くらいある層の、実家暮らしの子たちだって かなり奨学金を借りていました。 やっぱり、25歳くらいまでずーっと学生って、どんなに裕福な家だろうが、厳しいと思いますよ苦笑。 参考になればと思います。

0

自分の研究室でも修士の全免は1/4くらいでした。 学振の採択率も1/3程度と言われており、なかなか難関です。 (旧帝・電気電子系での話です。) ですので、DC落ちたからといって博士をやめるのはもったいないと個人的には考えます。 企業や財団の補助・研究費は使途が明確に決められているものが多いと思いますが、 探せば生活費や学費に充てられるものもあるのかと思います。 (博士の学費は安いのでどちらかというと生活費が・・・) 頑張ってください。

0

数年前に大学別授業料免除人数が公表されていた記憶があるのですが、それが見当たらず、うる覚えで書くと、だいたい、全学生の全免が5%位、半免が10%位。 1/4免ができたのですね。予算は変わりないと思うので、恐らく、全免・半免の数を減らして、少しでも多くの学生に免除枠を上げようとする大学側の配慮だと思います。

ID非公開

質問者

2020/8/4 10:18

ご返答ありがとうございます! 全額免除の割合は非常に少ないのですね…。周りの独立生計者が何人か全額免除だったので珍しくない話だと思っていました(><) ありがとうございました!

1

親に十分な収入があるのに、子に経済的援助をせず、大学の予算に穴を開ける?ふざけるな、ということじゃないですか?あなたのような人が全額免除だと言うなら、大学院生は全員「その手」を使いますよ。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/8/4 10:16

独立生計なので親の収入は考慮されておりません。 ありがとうございました!

0

なぜ1/4なのかは分かりません。 ただ、明確な基準があるので、大学に聞いてください。 なので >修士、博士課程の金銭のやりくりなどもアドバイスがあれば教えていただきたいです。 の方だけ回答します。 修士在学中に、学振の特別研究員になれるようにお励みください。 DC1が取れれば、お金のやりくりに悩まされることはなくなります。 もしDC1が取れないなら、、、その時点で博士課程進学は諦めたほうが良いと思います。代わりに就職してから論文博士を目指す、などなど、博士号(研究)は課程が全てではないです。 DC1は、修士でそれなりの研究成果を出している、将来性のある学生に対して支給されるものです。自分の経験で恐縮ですが、自分の卒業大学では、同級生のなかで、「あいつやるな」と一目置かれる学生は、全員獲得していました。 言い換えるとDC1が取れない程度では、奨学金とバイトで博士課程へ進学しても、資質が疑わしいのに学費を稼ぐために研究に集中できない・・・結果として、博士号は取れても就職で行き詰まってしまうと思います。

ID非公開

質問者

2020/8/4 10:16

ご返答ありがとうございます! 今修士2年なのでDC1は過ぎてしまいました。何しろ進学は最近決めたものなので…。 DC2を取ることを目指したいと思います!ありがとうございました!