回答受付が終了しました

厚生年金はなぜ支払いが義務付けられているのでしょうか?歳を取らない人は払わなくていいですよね?厚生年金のせいで生活がめちゃくちゃ苦しいです

厚生年金はなぜ支払いが義務付けられているのでしょうか?歳を取らない人は払わなくていいですよね?厚生年金のせいで生活がめちゃくちゃ苦しいです

社会保険 | 年金79閲覧

回答(8件)

0

厚生年金はなぜ支払いが義務付けられているのは、国会議員が国会でそういう法律を作ったからです。 70歳以上は働いていても厚生年期保険料は払わなくていいです。これも法律で決まっています。 厚生年金保険料は、給料のほぼ9.15%とこれも法律で決められています。 つまり約1割が年金で引かれていますが、生活がめちゃくちゃ苦しいほどではないのではないかと思いますけど。 厚生年金は、実は、国営の非常に儲かる保険ですので、実は、年配になるともっと引かれた方が良かったなと思う年金なのです。つまり、保険料を払った額に比例して、65歳から死ぬまで年金がもらえます。払った額が少ない人はもらえる年金が少ないです。 私の場合は、少し多く天引きされましたから、65歳から死ぬまで、年間250万円くらい年金がもらえます。90歳まで生きると合計6250万円ほど貰うことになります。 平均が年間180万円くらいですから、90歳まで生きると合計4500万円ほど貰うことになります。私は少し多く払ったので平均より1750万円多くもらうことができます。

0

年を取らない人はいません。 今苦しくても 将来、貰うときになればおいしい。

0

厚生年金だけではなく、国民年金も強制加入で公的年金は加入が義務です。 年を取らない人とはどういう人ですか、精神年齢の事を言っているのであれば本末転倒です。人は平等に年を取ります。必ず老人になるのは貴方も同じです。 厚生年金という事は会社員ですが、であればパート、アルバイトに転向して下さい。ですが国民年金に強制加入です。 厚生年金保険料の金額例 国民年金と違う点は、厚生年金保険料は、事業主と被保険者が半分ずつ負担していることです。 例えば、標準報酬月額が28万円の場合には、「28万円(標準報酬月額)×18.3%(現在の保険料率)×50%(自己負担割合)」で計算され、毎月の厚生年金保険料の自己負担金額は25,620円となります。 厚生年金保険料が原因で生活が苦しいとは、消費を見直しすれば改善できるはずです。