すみません、質問失礼します。 Illustratorでシールのデータを作っているのですが、線の太さを変えた時、最終的にアウトラインをした方がよいのでしょうか? ちなみに、文字はアウトライン

すみません、質問失礼します。 Illustratorでシールのデータを作っているのですが、線の太さを変えた時、最終的にアウトラインをした方がよいのでしょうか? ちなみに、文字はアウトライン しています。 だいぶ前にIllustratorを使ったとき、線の太さを変えてアウトラインせず印刷した時、細く印刷された気がしたのですが、先程アウトラインせずに印刷しても、作ったデータのまま印刷されました。 シール印刷の時、線はアウトラインをかけた方がいいのでしょうか? また、線と面がちゃんと色が付いていて図形が重なりあっている場合は印刷には反映されませんか? しばらくぶりで、だいぶ忘れていて、教えていただけたら嬉しいです。

Illustrator19閲覧

ベストアンサー

0

サイズ指定がしやすいので、線をアウトライン化した方がいいです。 後、線と面は分けた方が良いと思いますよ。 重なり合っている部分は印刷機・印刷方法によっては色が重なります。 オブジェクトの抜きもしたらいいと思います。 不安に感じるなら不安を感じる全てを除去した方がいいですね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いろいろとご丁寧にお答えしていただき、ありがとうございました!

お礼日時:8/10 15:25

その他の回答(3件)

0

デジタルのPCなのにそんな事があるのか?という 話になりますが、プリンターの調子なんかで線が太くなったり 細くなったりします。事実です。 そういう事の無いようにするには、EPSデータをPSプリンター という特殊なプリンターで印刷すれば大丈夫です。 PSプリンターはかなり高いです。 >また、線と面がちゃんと色が付いていて図形が重なりあっている場合は >印刷には反映されませんか? 「乗算」という処理をしてない場合は普通に印刷されます。

0

アウトライン化しない場合はヒント情報が生きる。 アウトライン化して図形にした場合はヒント情報が生きない。 たったそれだけの話。 普通はその辺と出力先の解像度その他諸々を踏まえて検討する。 モノによっては後者だと太って使い物にならない。 利用バージョンすら書いてないけど。

ご回答いただき、ありがとうございます。 重ね重ねすみませんが、バージョンはccです。 すべての線や図形をアウトライン化すると、重くなって出力できなくなるという事ですか?