ID非公開

2020/8/2 18:58

55回答

コロナで転職活動を休むのは、転職活動で不利になるのでしょうか? 最近コロナの感染が増えているので、感染が落ち着くまでしばらく休もうかと思っています。リモート面接もありますが、感染

コロナで転職活動を休むのは、転職活動で不利になるのでしょうか? 最近コロナの感染が増えているので、感染が落ち着くまでしばらく休もうかと思っています。リモート面接もありますが、感染 しないか不安でそもそもあまり出かけたくないので、今は内定をもらっても職場に行きたくないです。コロナが理由で職歴にブランクがあるのは、今後の転職活動で不利になりますか?

ベストアンサー

0

企業がブランクを嫌う理由は、その人の仕事に対する姿勢が甘いと判断されるからです。 したがって正当な理由があれば(人によってさじ加減は違いますが)1年程度ならあまり問題になりません。 ただし、コロナで混乱している今でも確実に転職が決まって内定をもらっている人は居ることは意識すべきです。 出来ればブランクは開けない方が良いですよ。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

どの回答も参考になったのですが、一番に回答してくださったのでBAとさせていただきます!みなさんありがとうございました。

お礼日時:8/8 21:59

その他の回答(4件)

0

❶休む、休まないは、あなたが決める事なので、自由だと思います。 ❷感染が不安だから、職場に行きたくないなら、活動はしない方が良いと思います。 ❸最後に、ブランク期間は、もちろん不利になります。 今は、普通に採用中の会社ばかりだからです。 オンライン面接ではなく、対面で面接も実施中です。 でも、あなたが外に出たくないなら、無理に行かなくても良いと思います。

0

不利になると思います。 私は去年の11月半ばから転職活動を始めました。 コロナの中新幹線にも乗り活動をしました。 3月下旬から今の職場に転職しました。

1

転職活動で最も重要で時間がかかるのは事前準備です。転職理由を明確にし、求人ニーズをマーケティングし、今までのキャリアの棚卸しをすること。ここまでがとても大変ですし、転職する、しないに関わらずできることです。転職活動で失敗する典型例はいきなり応募書類書き始めたるとかですね。求人応募の前にやるべきことはあります。むしろ事前準備が済んでいれば、ライバルに差をつけられます。コロナ渦の中では事前準備だけでもできるのではないでしょうか?何もせず休むのはもったいないですよ。

1人がナイス!しています

2

私も今年夏から留学する予定だったので、3月で退職したものの、留学先で感染爆発が起きて、夏からの留学は無くなってしまいました。 コロナが落ち着くまで待って来年留学を再挑戦しようとも考えましたが、いつ落ち着くのかわからない中、ただ何もせずに待っているには経歴に傷がつくと思い、急遽4月から日本で転職活動をすることにしました。 現状ですが…かなり転職市場は厳しいです。来年は、さらに多くの企業が倒産して、グループ会社も影響を受けて…今よりさらに仕事は無くなると言われています。また、通常ブランクがあってもあまり傷がつかないのは6ヶ月までと言われているので、頑張って今探したほうが無難だと思います。 私はいくつか面接を受けましたが、質問者様がおっしゃるとおり私も通勤するのが怖かったので、テレワーク導入していないところはやめました。。今受けているのは、100%テレワークしているところのみです。こんな状況でも、一応求人は出ているので、何もしないというのは不利になると思いますよ。

2人がナイス!しています