回答受付が終了しました

ラジアルタイヤはローテーションで左右を入れ替えてはいけないってメーカーが言ってますがそれはどうしてですか。 幼稚園児や小学生の回答不要。

ラジアルタイヤはローテーションで左右を入れ替えてはいけないってメーカーが言ってますがそれはどうしてですか。 幼稚園児や小学生の回答不要。 バイヤスタイヤは左右のローテーションを推奨していたのにラジアルタイヤになってやめろと言い出しました。 なんでですか。

回答(3件)

1

>ラジアルタイヤはローテーションで左右を入れ替えてはいけないってメーカーが言ってますが・・・ どこのメーカー?

1人がナイス!しています

1

ラジアルタイヤはその呼称の由来になったように補強や形状維持の為に入っているコードが”ラジアル方向”、つまり放射状に平行に巻かれており、コードは走行によりタイヤに荷重が掛かり変形しているうちに少しづつ元の位置に戻らなくなりそれに伴い内部のカーカスなども変形するのである程度使い込んだタイヤの回転方向を逆になるようローテーションすると回転抵抗が増え発熱しやすくなりそのせいで最悪トレッドの剥離を招き、また燃費も悪化し騒音も増え乗り心地等も悪化するからだそうです。とは言え常時120㎞/h以上の走行をするとかでなければ回転方向チェンジしてもそれ程問題は起きないです。回転方向指定の有るタイヤはカッコ悪い気がするのでやめておきましょう、それに逆にするとものすごくロードノイズが増えますわ。 バイアスタイヤはコードがトレッド面に対して斜めに入っており荷重が入っても両方向に力が逃げるので変形が少なく内部変形癖も付きにくいそうです。その代りに斜めのコードゆえタイヤ全体のケース剛性が低く高グリップのトレッドを貼ってもカッチリしたスポーティなハンドリングの実現が難しいとされています。だけどF1などのタイヤは結構最近まで長らくバイアス構造タイヤを使用していましたから乗り心地とか無視した設計なら充分ハイグリップ化も可能なんだと思います。

1人がナイス!しています

2

> ラジアルタイヤはローテーションで左右を入れ替えてはいけない 回転方向指定のあるタイヤでなければ、問題なく入れ替えられます。

2人がナイス!しています