・なんか三ツ矢サイダーのペットボトルに「日本うまれの炭酸飲料1884年の誕生」って書いてあるのですが日本人が作ったジュースなのですか?

・なんか三ツ矢サイダーのペットボトルに「日本うまれの炭酸飲料1884年の誕生」って書いてあるのですが日本人が作ったジュースなのですか?

画像

ベストアンサー

3

宮内庁の命で炭酸泉を探していたウィリアム・ガランによって平野鉱泉が再発見されたことが始まりの炭酸水が始まりです。 1907年に帝国礦泉株式会社(旧 三ツ矢平野礦泉合資会社)が設立され、従来の平野水を元に、砂糖を煮詰めた茶褐色のカラメルやイギリスから輸入したサイダーフレーバーを加えた「三ツ矢印 平野シャンペンサイダー」を発売し、1921年に「三ツ矢シャンペンサイダー」に改称されて販売された。 のが三ツ矢サイダーとしての始まりです。 元々は 外国人接待用の炭酸水を調達するために宮内省の命を受けて全国の水源を調査していたイギリス人理学者ウィリアム・ガランによって平野鉱泉が再発見され、炭酸水の御料品工場が建設された。 のが炭酸水としての始まりです。 1884年は 1884年に三菱財閥が宮内庁から多田銀山の払い下げを受け、三菱商会が「平野水」として炭酸水を販売。1885年には明治屋が採取権を得て、源満仲にまつわる当地の言い伝えから「一本矢礦泉」に改名して販売。1889年には「三ツ矢平野水(みつやひらのすい)」の名称で販売された。しかし販売不振が続いたため、1905年には三ツ矢平野礦泉から販売された。 のが始まりです。 三ツ矢サイダー https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E3%83%84%E7%9F%A2%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC ウィルキンソンも外国人が炭酸泉を発見した事が始まりの日本生まれの炭酸水ですよ。 1889年(明治22年)頃に、日本に定住していたイギリス人のジョン・クリフォード・ウィルキンソンが狩猟の途中に、兵庫県有馬郡塩瀬村生瀬(現在の兵庫県西宮市塩瀬町生瀬)で天然の炭酸鉱泉を発見した[3]。ウィルキンソンがこの鉱泉水をロンドンに送り分析してもらったところ、医療用・食卓用として非常に優れたものであるとの結果を得た。当時の日本政府は外国人向けの良質な食卓用水を求めていたこともあり、ウィルキンソンはこの鉱泉水を瓶詰めにして販売することを企画した。温泉会社からラムネ部門を譲り受け、イギリスから必要な設備を取り寄せて、兵庫県武庫郡良元村小林の紅葉谷(現・兵庫県宝塚市紅葉谷)に工場を設けて、1890年(明治23年)からボトリング事業を開始した。当初のブランドは仁王印ウォーターであった。 ウィルキンソン https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3_(%E9%A3%B2%E6%96%99)

3人がナイス!しています

その他の回答(4件)

2

サイダーは炭酸を含んだ天然水がその最初で、果実からとるジュースではありません。

2人がナイス!しています

1

どうやら18世紀ごろにレモネードに炭酸水を入れたもの現在のレモンスカッシュがイギリスで発売され後にこれが日本にもたらされサイダーとして発展したらしいです。

1人がナイス!しています

1

兵庫県川辺郡(現在川西市)に天然の炭酸水が湧いていたのを、 瓶詰して販売したのが始まりです。

1人がナイス!しています