第四級アマチュア無線技士の試験問題について質問します。 真空管に関する出題がなくなり、トランジスター回路に置き換わったのは何年くらいからですか。

第四級アマチュア無線技士の試験問題について質問します。 真空管に関する出題がなくなり、トランジスター回路に置き換わったのは何年くらいからですか。

ベストアンサー

0

ID非公開

2020/8/4 13:08(編集あり)

私が電話級の国家試験を受けたのは 昭和54年(1979)でした。 その時はすでに真空管の問題は出ませんでした。 トランジスタだけでした。 勉強したCQ出版社の問題集や、ハムになる本には、真空管の説明や問題がある程度、掲載されていましたが。 真空管の勉強をしましたが、試験には無意味でした。 参考になれば。 電話級とは、今の4級相当の資格です。

御回答誠にありがとうございました! 私が中学生の時、先輩から「君もアマチュア無線の資格を取らないか」と勧められて試験問題を見たのですが、私はトランジスター回路の設計を学習していたので「今更真空管のことなど学習する意味は無い。」とキッパリ断りました。今考えると良い選択だったと思います。 その後も真空管については無学ですが、それで学習・実務に何も困ったことはありません。