鉄道マニアの内で、鉄道車両が廃車になる事を「落ちる」と呼称する例が多々あると思います。 多少調べてみたものの何故「落ちる」と形容するのかよく解らないままで、腑に落ちずあまり使う気になれません。

鉄道マニアの内で、鉄道車両が廃車になる事を「落ちる」と呼称する例が多々あると思います。 多少調べてみたものの何故「落ちる」と形容するのかよく解らないままで、腑に落ちずあまり使う気になれません。 信号通信関係ですと、例えば軌道回路が短絡したり現示が停止信号に戻る事などを「落ちる」と呼ぶと思います。それこそ軌道リレーは文字通り「落ち」ます。 では前述の場合、一体どのような意味合い又は経緯で「落ちる」と呼ぶようになったのでしょうか? 運転系職員の間で用いられている用語なのでしょうか? いつ頃から用いられる様になったのでしょうか? ご存じの方はお教えください。

鉄道ファン | 鉄道、列車、駅49閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

2

野球に例えるとスタメン落ち、ローテーション落ち、二軍落ちと同じような意味合いで、前の方の回答に返信されていますが、運用落ちの意味で「落ちる」と使っています。落ちたには、とりあえず休車落ちや予備車落ちの場合と、廃車落ちの場合があります。職員間で使われるかどうかは会社や地域によるでしょうね。

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございました。詳しい意味合い等お教え頂いた為、ベストアンサーに選択致します。

お礼日時:8/10 18:09

その他の回答(1件)

2

プロ野球の先発投手が故障などでローテーションから離脱することをローテーションから落ちると表現します。鉄道の車両も決まったローテーションで運行してますから。プロ野球の投手に例えて落ちると表現します。

2人がナイス!しています