回答受付が終了しました

5万のアンプと、50万のアンプでは、高級スピーカーで再生した場合、 明らかな音の違い、クオリティーの差がありますか、?

5万のアンプと、50万のアンプでは、高級スピーカーで再生した場合、 明らかな音の違い、クオリティーの差がありますか、? また、50万のアンプで5万のスピーカーを鳴らした場合、 先の条件と比較してクオリティーの高いのは、どちらでしょうか、?

オーディオ422閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

回答(13件)

0

5万のスピーカーの音とか50万のスピーカーの音とかは存在しません、ある5万のスピーカーが、ある1千万のスピーカーより良いと言うのはあります。アンプも同じです。

1

アンプのお値段と音質の関係は、昔は結構密接でしたが、今は低音については大差がなくなったものの、中高音では安いアンプでは不満が出るかもしれません。ヤマハが安いD級アンプをYST方式スーパーウーファーに採用したのもそういう理由だと思います。 高額アンプで安いスピーカーをならすと、ビックリするほど密度の濃い、満足感のある音がするのですが、これをあまり言うと、だれも高級スピーカーを買わなくなる恐れがあります(笑) 自作スピーカーでお馴染みの長岡氏が、安いフォステクスのフルレンジスピーカーをアキュフェーズの高級セパレートアンプでならしていたのも、そういう理由だと思います、 昔はA級やB級アンプでしたが、これらは入力信号を単純に増幅するだけですので、電源が弱いとスピーカー側から来る逆起電力や信号の強弱による電圧変動により信号がなまります。これに対抗できるだけの電源の程度によりお値段が変わるため、値段と音質の差はそれなりにありました。 今はD級動作賀できるアンプが増えましたが、入力信号を高周波化かつ単純化するため、電圧変動が抑えられますから、ショボい電源でもそこそこいいおとがしますし、低音の駆動力は驚異的です。ただし、音声信号に大量の高周波ノイズが乗ります。 中華アンプでは高域のノイズが少なく透明な音色を実現していますが、ノイズ対策の成果、音が痩せた感じや薄い感じがします。

1人がナイス!しています

0

明らかに違いますね。 50万円の方が良いですよ。 一度専門店で聴かせて貰ったらと思います。 金額差45万円ですが、その差を大きいと思うか小さいと思うかはその人の経済力にも左右されますよ。 ある程度趣味になってる人なら、これ程違うならと50万円位は使うでしょう。

0

アナログアンプだと50万円のほうがちょっとだけいいかもしれないですね。巨大なトランス・豪華なパーツを使いました!という事で少しコストがかかってますが高額になるほど利益のほうが多くなります。 デジタルアンプだとパワーの違いぐらいですね。BOSEの9万円ぐらいのジャズバー等用だと合計出力120Wぐらい。コンサート用の48万円ぐらいのだと合計出力4,000Wぐらい。 コンサートとかホテル・店舗とかプロ仕様のものはほぼデジタルアンプです。YAMAHAはよく分からない独自のアンプみたいですが。 個人的にはアナログアンプよりもデジタルアンプのほうが音がクリアで気に入ってます。3,000円で買ったLepyでも30cm3ウェイを爆音・体を振動させる重低音で鳴らせますよ。昔の人はアンプの駆動力が・・・とか言うのですが、昔のアンプってそんなに貧弱だったのかな?

画像
2

明らかに変わるが、10倍は良く鳴りません(笑)。 対数関数くらいでは? で、音源にもよります。 安っぽい音源なら安っぽい方が良く鳴る。 いや、そゆ風に音源が作ってある。 カップラーメンは発泡スチロールの器で喰うから美味い。 50万の器に入れて喰えば、却って悲しい、虚しいだけ(笑)。 クラシックは基本、電子楽器がないから安っぽいのでは聴けない。 また、アンプとスピーカーの相性もある。 高級アンプならどんなスピーカーとも相性が良い訳ではない。 却って相手を選ぶかも?笑 こちらの御質問で挙げられている動画が大変興味深いです。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13229074088 何で皆んなこうした事を言わないのか? ま、メーカーが儲からなくなるからね(笑)。 あ、自分はアンプで変わると思うので、相性も含めて数台を取っ替え引っ替えスピーカー別に使ってますが。 もちろんアキュへーズやJBLなんて無意味な物は使いません。 自分の耳でキチンと判断しているんで(笑)。

2人がナイス!しています