回答受付が終了しました

ID非公開

2020/8/12 1:00

11回答

企業の勤続年数について

企業の勤続年数について マイナビやリクナビで企業を調べていると、企業が設立されてかなりの年数が経っているのにも関わらず、平均勤続年数が4年とか10年代前半の企業をたまに見かけます。 質問なのですが、設立年数が長いにも関わらず、どうして平均勤続年数が短くなるのでしょうか? ブラックで辞める中年社員が多いからでしょうか?それても首切りや肩たたきが横行してるからでしょうか?

就職活動 | 転職24閲覧

回答(1件)

0

元採用担当のおぢさんです。 平均勤続年数が低い場合も、いくつかの可能性があります。ネガティブなものは、お書きになっているとおりブラックですぐ辞める社員が多い場合が代表例ですね。 ただ、ここ数年で急成長を遂げて社員が急増した場合なども、当然平均勤続年数は急激に下がります。 まぁ、仮に入社から40年後に定年を迎える企業でも、最後まで勤め上げる人ばかりではありませんし、毎年勤続年数0年の新入社員&中途入社社員が入ってくるわけですから、会社の規模に変化がなくても平均で十年強になる会社さんも少なくないのです。