回答受付が終了しました

ID非公開

2020/8/5 8:21

44回答

養育費の減額申請について。

養育費の減額申請について。 公正証書の見直しと養育費減額申請を 行いたいのですが、話し合いで決着がつかなかった場合 どのような工程で進めれば良いのでしょうか。 弁護士に相談すべきか、相手方の地域の家裁へ行くべきか。 相手方の家裁にはそのまま出向いても良いのでしょうか。 弁護士とは別に養育費の相談を受けてもらえるのでしょうか??

法律相談23閲覧

回答(4件)

0

「養育費減額調停」のなかで『公正証書に記載の養育費を変更する』という調停を行う、ということですね。 養育費は話し合いで決まらなければ、双方の年収でほぼ機械的に決まりますので、特に弁護士をつける必要なくできます。 申立ては相手方の居住地の裁判所になりますが、調停は電話による調停としてあなたの最寄りの裁判所に出向いて行うことも可能です。 この辺りのやり方は近くの家庭裁判所で教えてくれます。 他にも書かれているように、「調停の手続き」については説明をしてくれますが、内容の相談については一切行いませんので、もし心配ならば、事前に法律相談なりをされたら良いかと思います。(弁護士に相談するだけなら30分5,000円程度です。)

0

手続きについては、すでに丁寧な回答がありますので、そちらをご覧いただきたいのですが、家庭裁判所は手続きの説明はするとしても、相談には乗ってくれませんので、内容について相談があれば弁護士にしましょう。 養育費の減額は、取り決めたときの状況に比べて、今の状況が減額しないと不公平であるというような状況である場合に認められます。もちろん、調停で合意できればそれでいいんですが。 よって、調停の場面でも、公正証書を作ったときの双方の収入や決めたときの事情、その当時想定された将来の見通しなどを確認して、そこで現在の状況はどうなのかという話し合いを進めるでしょう。ご準備が大変かもしれませんが、進めていければいいですね。

0

話し合いは2人だけでされたのですか?まずは相手に話す前に弁護士に相談された方が良かったと思います。 話し合いで解決できない場合は ・養育費減額請求調停を申請する ・調停でまとまらなければ審判へ 必要な書類の準備ができれば相手方の住所地にある家庭裁判所へ提出しましょう。そして調停が始まります。養育費請求調停が不成立になったら、自動的に審判手続が開始されて、調停に関係した裁判官によって養育費の減額を認めるかどうかの決断がくだされます。 まずは本気で減額を望むなら弁護士に相談し、間に入ってもらいましょう。アドバイスをもとに行動すれば素人が動くより確率は上がります。