秦の始皇帝は、中国史上初めて全ての国の統一を成し遂げたそうですが、では商や周は何だったのでしょうか?地方の長のような感じでしょうか。 どうぞよろしくお願いいたします。

秦の始皇帝は、中国史上初めて全ての国の統一を成し遂げたそうですが、では商や周は何だったのでしょうか?地方の長のような感じでしょうか。 どうぞよろしくお願いいたします。

中国史87閲覧

ベストアンサー

1

秦の始皇帝以前の時代には「統一」という概念そのものがなく、そのため商(殷)や周は「数ある国家の中でもっとも有力な国家」であったに過ぎません。例えて言うなら現在の地球上でアメリカやロシア、中国などが人口や軍事や経済の規模において他の国を上回っている…といったような、そんな感じです。 より具体的に言えば当時の中国の文化圏、中華の文明の範囲内において商や周は全域を直接支配していた訳ではない、ということです。いわゆる諸侯と呼ばれる、商や周に従ってはいるけど政治体制的には独立している国々がたくさんあったのです。商や周は言わば「中央」で、他に「地方」となる国家がたくさんありました。 それらの国々を全て滅ぼして、全地域を直接の支配下に収めたのが秦の始皇帝になります。始皇帝が統一事業を成し遂げるまでは「世界」には多くの国々があるのが当たり前で、それを征服して直接支配しようなんて誰も考えていませんでした。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさま、ご回答をどうもありがとうございました!

お礼日時:8/11 21:45

その他の回答(2件)

1

周は封建制、 秦は中央集権制です。 いいかえると、 周はセブンイレブン、 秦はユニクロです。 ちがうかもしれませんが、たとえです。 商はいちばん強かったので王だったようです。

1人がナイス!しています

1

殷の時代までは1人抜きんでた指導者を周りの諸侯が立てていたという感じですが、周の時代になると王を中心に王の分家が諸侯となって地方赴任するというかたちで、統一されていたと言えば統一されています。 幕藩体制の江戸幕府が天下統一していたというならば、周王朝も天下統一を成し遂げています。統一感は江戸幕府と同じかそれ以上です。 中国というくくりが曖昧なのです。周の時代、南方は別民族の国でしたが、秦の時代には征服されています。では現代の中国はどうかというと、モンゴルやウイグル、チベット、雲南などより多くの「中華文明圏」の地を支配していますね。ある意味で史上初めてすべての国の統一を成し遂げたのは、中国共産党ということになります。 何が言いたいかというと、秦はそれまで部外者だった地域も征服して漢民族化したということで、初の統一と言っています。 ただし ・初めて王の中の王、皇帝という称号を用いた(それまでは王は1人、最高位だったが戦乱の世で有力者が勝手に王号を用いたため) ・中華初の中央集権 諸侯権力を抑え、中央政府がすべてを統括した初めての政権。それまでは「牛耳る」ことはあっても「ひとつの政府が独裁」はあり得ないことで、形ばかりでも王は諸侯を集めて会議する必要があった。 ・王朝が初めて帝国の性格を帯びた 複数異民族の直接支配を行ったり、法制度などの全国統一を行った。幕府政治が明治政府になったような感じ。 これらをもって「初統一」と呼ぶことがあります。

1人がナイス!しています