映画「七つの会議」は半沢直樹感が強すぎませんか? 原作者と監督が同じなので似るのは当たり前のことかもしれませんが、キャストまで同じではアナザーストーリーを観ているようでした。

映画「七つの会議」は半沢直樹感が強すぎませんか? 原作者と監督が同じなので似るのは当たり前のことかもしれませんが、キャストまで同じではアナザーストーリーを観ているようでした。

日本映画512閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

4

なるほど。 キャスティングにつきまして映画七つの会議の方で福澤監督は「圧倒的な主役臭のある人が必要だった探しました」と言っておられました。 以下ネタバレになりますのでお気をつけ下さい。 香川照之さんは半沢直樹の大和田と異なり、主演の野村萬斎さんと敵対すると思いきや、考え方進んだ方向は違えど、同期として同程度の熱量と存在感を持ち合わせなければ成立しませんでした。 そしてラストの独演は原作にない場面。 陸王の主演役所広司さんを聞き手に飄々と語る…。まさに野村萬斎さんでないとつとまらないと思わせてくれました。 完成披露舞台挨拶の時に原作者池井戸潤先生からの手紙によると、 「実は映画の八角の姿は原作のイメージとはかけ離れたもので、きっと萬斎さんは小説を読んでないに違いないと勝手に決めつけておりました。 ところが先日萬斎さんとの対談で原作と脚本をしっかり読み込んで臨まれたと伺い本当に驚きました。 原作での役柄を知った上で、あの八角の像を創られたのは、天賦の才能以外何物でもありません。」 半沢直樹がストレート豪速球メインに様々な変化球を使い分けるとしたら、 映画の八角民夫はカットボールとフォークボールとスローボールがメインの魔球投手です。 あと奇跡的な偶然なのですが、主役の衣装に関しまして。 堺雅人さん、野村萬斎さん、共に喪服ともとれるブラックスーツを同監督に提案されたとか。 解釈・読解力が凄まじく素晴らしい。 及川さん片岡さん北大路さんなど割愛させていただきますが、両作品大ヒットおめでとうございます。

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

役者そのものはよかったのですがね。コメディ作品の福田雄一氏もそうですが、シリーズもののようにあまり自分色を出さないでほしいです

お礼日時:8/11 12:06

その他の回答(2件)

0

池井戸潤はルーズベルトゲームから興味を持ったんですが、下町ロケット、陸王、ノーサイドゲーム。いくら扱う題材が違うとはいえ、どれも話のパターンが似ていて段々飽きてきました。

ドラマはワンパターンでも視聴率とれるから変わらないのでしょうね。 七つ会議は映画なので2時間という短い時間、内容もスリルあって面白かったですがね。