「夕刊和歌山時事」事件とは?

「夕刊和歌山時事」事件とは?

法律相談12閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

こんばんは 和歌山県の経営者Xが経営する特ダネ新聞社が編集・発行する旬刊の新聞「特だね新聞」(1954年創刊)はゴシップを取り上げ、一個人に対する攻撃的な記事を載せる新聞であった。 特だね新聞では通常求められる程度の調査をせずに事実と異なる誹謗記事を載せていた。 一方、和歌山県で「夕刊和歌山時事」を編集・発行する「和歌山時事新聞社」の経営者Yは「特だね新聞」の姿勢を問題とし和歌山時事新聞紙上において「特だね新聞」を批判する記事を載せそれに対し特だね新聞側も紙上において和歌山時事新聞社を非難する展開となった。 そののちYは「特だね新聞」に対して「街のダニXの罪状」または「吸血鬼Xの罪業」と題する記事を自ら執筆し、7回にわたって連載した。

1人がナイス!しています