Ableton Live introの購入を考えています。 作曲はしません。用途はserato DJ pro を使って、DJする予定でおり、Ableton Live intro を使ってmixの作成のみをしたいと思っています。(1発録り

Ableton Live introの購入を考えています。 作曲はしません。用途はserato DJ pro を使って、DJする予定でおり、Ableton Live intro を使ってmixの作成のみをしたいと思っています。(1発録り はしない) BPMが変えらて、introの制限である8トラック程度あれば十分と考えていますが、mixを作成するくらいの用途であればintroでも良いのか仕様を見ても分からず教えていただきたいです。 あと、PCのスペックは以下を予定していますが、 これにserato DJ proとAbleton Live introの双方を入れて使っていくことに弊害があるか教えいただけると助かります。弊害とは、プレイ中に固まったりしないか、を心配しています。 また、曲の容量としてストレージ512GB中、300GB程度を想定していますが、多すぎる!や、その場合の解決策などのご意見もいただけると助かります。 MacBook Pro 13-inch・2020・Thunderbolt3×2 【CPU】Intel Core i5 1.4GHz 【RAM】8GB 【ストレージ】512GB 【ディスプレイ】13.3インチ(2560x1600) 【グラフィック】Intel Iris Plus Graphics 645 【ワイヤレス】IEEE802.11 a・b・g・n ・ac 【OS】macOS Catalina

補足

BPMが変えられて、、、とは、introにBPMが変えられる機能があるかわからなかったので教えていただきたいです。

DTM | 音声、音楽9閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

使い方としては賢いです。 Ableton は下位バージョンでもVSTを使えるので、MIXやマスタリングは十分に可能です。 というか、バンドル版のLiteでも普通に使えますので、オーディオインタフェースのバンドル製品を買った方がいいと思いますけど。 問題はスペックで、MBAでSetatoのプレイをリアルタイム録画する、というタスクだと、録音が飛ぶ可能性がけっこう高いです。別マシンで動かすか、多重録音はスマホやMTRを使うのが確実だと思うのですが。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございます。 気になっていた、introの網羅性とPCのスペックに対するご意見参考になりました。 intro購入することにします。 PCのスペックについては、検討したいと思います。

お礼日時:8/11 8:16