回答受付が終了しました

ID非公開

2020/8/7 19:47

66回答

「やられたらやり返す!100倍返しだ!!」というドラマがまたヒットしてますが、この考えこそが、ユダヤ人とキリスト教徒・ユダヤ人とアラブ人・イギリスたIRAなど、歴史的に何百年も続く血で血を洗う抗争の根本にな

「やられたらやり返す!100倍返しだ!!」というドラマがまたヒットしてますが、この考えこそが、ユダヤ人とキリスト教徒・ユダヤ人とアラブ人・イギリスたIRAなど、歴史的に何百年も続く血で血を洗う抗争の根本にな る考え方なのに、 なぜこんな台詞を今の日本人はもてはやすのですか??あなたは自分の子供に「やられたら倍返しにしろよ!」と教えて子育てしますか??

回答(6件)

0

「やられても、やり返さない。 ガンジーの教えだ!!!!」 こっちの方が好きですね。

0

昭和のドラマっぽいですよね。 令和の時代には、〈復讐劇〉は現実には流行りません。 だからこその、時代劇扱いですよ。(倍返し〉は。 時代劇のコントとして見れば芸術のドラマです。 大河ドラマの戦国時代のドロドロが視聴率高いのと同じですよ。 現実離れしているから、安心して見れる。面白いと感じる。

0

うん 私は幼稚園とか小学校低学年の時に、喧嘩で負けて帰って来ると、親に[勝つまで帰って来るな]って言われたようだよ。 その後、にっこり笑って[勝った]と言って帰って来たらしいけどね。 全く記憶に無いけど(笑) [あんたは犠牲者で負け犬で良いからね]とか言う親が恐いわ(笑)

0

まさにそれが新約聖書「ヨハネの黙示録」です。 ~ヨハネの黙示録18章 一人の天使が、大いなる権威を持って天から降って来るのを見た。 地はその栄光に照らされた。 天使は力強い声で叫んだ。 /「倒れた。大バビロンが倒れた。/そこは悪霊どもの住みか /あらゆる汚れた霊の巣窟/あらゆる汚れた鳥の巣窟 /あらゆる汚れた忌むべき獣の巣窟となった。全ての国の民が /情欲を招く彼女の淫行のぶどう酒を飲み/地上の王たちは、 彼女と淫らなことをし/地上の商人たちは、彼女の度を超えた 贅沢により/富を築いたからである。」 天からもう一つの声がこう言う。 /「わが民よ、この女から離れよ。/その罪に加担し /その災いに巻き込まれないようにせよ。彼女の罪は積み重なって 天まで届き/神はその不義を覚えておられる。 彼女がしたとおりに、彼女に報復せよ /その行いに応じ、倍にして返せ。 /彼女が注いだ杯に/その倍を注いでやれ。 彼女が驕り高ぶり/贅沢をほしいままにしていたのと /同じだけの苦しみと悲しみを与えよ。 (中略) それゆえ、一日の内に、さまざまな災いが/死と悲しみと飢えが、 彼女を襲う。/そして、彼女は火で焼き尽くされる。 /彼女を裁く神は、力ある主だからである。」 彼女と淫らなことをし、贅沢をほしいままにした地上の王たちは、 彼女が焼かれる煙を眺め、胸を打って嘆き悲しみ、 彼女の苦しみを見て恐れ、遠くに立ってこう言う。 /「災いだ、災いだ、大いなる都/強大な都バビロン /お前は一瞬のうちに裁かれた。」 地上の商人たちは、彼女のために嘆き悲しむ。 もはや彼らの商品を買う者が誰もいないからである。 その商品とは、金、銀、宝石、真珠、上質の亜麻布、紫の布、絹、 深紅の布、あらゆる香木と象牙細工、また高価な木材や、銅、鉄、 大理石などでできたあらゆる器、シナモン、香料、香、香油、乳香、 ぶどう酒、オリーブ油、麦粉、小麦、家畜、羊、馬、馬車、奴隷、 人の命である。 お前の望んでやまない果物は/お前から遠のいて行き/華やかな物、 煌びやかな物はみな/お前から消えうせ/もはや見られない。 これらの品を扱って、彼女から富を得ていた商人たちは、 彼女の苦しみを見て恐れ、遠くに立って、泣き悲しんで、 こう言う。/「災いだ、災いだ、大いなる都/上質の亜麻布、 また、紫の布や深紅の布を/身にまとい /金と宝石と真珠の飾りを着けた都。 あれほどの富が、一瞬のうちに/失われてしまうとは。」 また、全ての船長、沿岸を航海する全ての者、船乗りたち、 海で働いている全ての者たちは、遠くに立ち、 彼女が焼かれる煙を見て、 「これほど大きな都がほかにあっただろうか」と叫んだ。 彼らは頭に塵をかぶり、泣き悲しんで、こう叫び続けた。 /「災いだ、災いだ、大いなる都。/海に船を持つ者が皆 /この都で、高価な物を取り引きし/富を築いたのに /一瞬のうちに荒れ果ててしまうとは。」 天よ、この都のゆえに喜べ。/聖なる者たち、使徒たち、 預言者たちよ、喜べ。/神は、あなた方のために /この都を裁かれたからである。 すると、一人の力ある天使が、大きな挽き臼のような石を取り、 海に投げ込んで、こう言った。 /「大いなる都バビロンは/このように荒々しく投げ捨てられ /消えうせる。竪琴を弾く者、歌を歌う者/笛を吹く者、 ラッパを鳴らす者の楽の音は/もはやお前のうちには聞かれない。 /あらゆる技術を身に着けた職人たちも誰一人 /もはやお前のうちには見られない。/挽き臼の音も /もはやお前のうちには聞かれない。 灯の明かりも/もはやお前のうちには輝かない。/花婿や花嫁の声も /もはやお前のうちには聞かれない。/なぜなら、お前の商人たちが 地上の高官となり/また、お前の魔術によって /全ての国の民が惑わされ、預言者と聖なる者たちの血 /地上で屠られた全ての者の血が/この都で流されたからである。」

~ヨハネの黙示録 19章 大群衆のどよめきのようなものが、天でこう言う。/「ハレルヤ。/救いと栄光と力は、私たちの神のもの。その裁きは真実で正しい。/神は、淫らな行いで/地上を堕落させたあの大淫婦を裁き/僕たちの流した血の復讐を/彼女になさったからである。」 /「ハレルヤ。/彼女が焼かれる煙は世々限りなく立ち上る。」 二十四人の長老と四つの生き物とはひれ伏して、玉座におられる神を礼拝して言った。/「アーメン、ハレルヤ。」 また、玉座から声がして、/「全ての神の僕たちよ/神を畏れる者たちよ/小さな者も大きな者も/私たちの神をたたえよ。」と言った。 大群衆の声、大水のとどろき、激しい雷のようなものが、こう言う。/「ハレルヤ/全能者である神、主が王となられた。私たちは喜び、大いに喜び/神の栄光をたたえよう。/小羊の婚礼の日が来て/花嫁は支度を整え輝く清い上質の亜麻布とは/聖なる者たちの正しい行いである。」

1

面白かったから, 視聴率がとれたからでしょう。 世の中には面白いと感じると 引きずられてしまう人も多かったからです。 何年か前には国会議員でさえ, 「保育園落ちた,日本死ね」という 絶対に許容できない言葉を さも正義の言葉あるいは弱者の痛みの表れとして持ち出しています。 普通の考え?の人であれば, 「死にたければお前が死ね」と腹を立てる内容のはずです。 これは野党やマスコミが政府をたたきたいがための作戦と考えます。 このことにより弱者や困っている者は どんな考えをしてもどんな発言をしても許される そんな雰囲気ができてしまったのでしょう。 倍返しも似た構造と思います。 ただ,こちらは政府批判ではなく面白さが原動力ですが。

1人がナイス!しています