回答受付が終了しました

麻雀で他家が三元牌のうち2つを鳴いた場合、その時点でもう1つの三元牌は切らないで手元に残さないとまずいですか?

麻雀で他家が三元牌のうち2つを鳴いた場合、その時点でもう1つの三元牌は切らないで手元に残さないとまずいですか?

麻雀99閲覧

2人が共感しています

回答(16件)

0

ガチガチに切ってはならないとかすぐ切るべきとかって考え方ではなく毎回その状況に応じて切る切らないを考えるのが普通ですね 他家がバックっぽい仕掛けしてるし多分そこが持ってるから大三元じゃないな オーラスのラス目親で箱下精算もないルールだから大三元打ってもたいして痛くないから切ろう パオ無しの店だから鳴かれたらベタ降りでいいや パオになったり大三元放銃は致命打になるから切らずに降りよう などなどその時に切るべきなら切る、切らない方が有利だと思えば切らない 3つ目切っても当られず鳴かれずで通ればなんでもないですし合わせて切るプレイヤーがいれば大三元否定が確定しますし ただし切るに見合う場面や手牌から切って大三元放銃でも後悔しないことですかね!

0

切ってしまった後、もし大三元確定させた場合でも、自分が大三元相手でも勝負になる手であれば切る価値はあると思います。 でもほとんどの場合大三元に向かえる手がないのが事実。だから、僕は残すことがほとんどです。 早めに切っちゃおうという考えの方も一定数いますし、三元牌のトイツが3つある可能性なんてあまりないのが統計的な見方でしょう。 でも、1枚切るだけで役満責任払いが発生する可能性があるので可能性は低くともハイリスクであるという感覚は持つべきです。 手元に残さないとまずいかどうか?という話ですが、大三元とパオ確定の人以外の部外者としては迷惑ですね。 パオ確定の人は自業自得、大三元の人にとっては僥倖。 パオのルールがもし、部外者が振り込んだら「パオ確定者と振り込んだ人の折半」ということがおおいからです。 おそらく誰かに「パオについて注意」を受けてこのご質問をされたと推測しますが、 パオを確定させて部外者の打ち方も制限させてしまうことは事実です。 パオ確定者が責任払いの罰を受けるのは当然としてそれで割を食う部外者もいますから彼らの主張も一理あります。 フラットな見方では「自分が勝負手なら行く」もしくは「抱えて心中」ですが 対戦相手との関係とかも気にされるようでしたら、役満相当の手でもない限り残すのが無難です。

2

鳴いた次巡に落とす、後からカブっても悔やまない 包を怖がっていちゃ何も出来ないよ 包は上がられたらやっと成立する特殊ルールだかんね 逆に残りの一つ待ちでリーチ行けるのなら行こうよ 諦めて出て来るの待ってさ・・・

2人がナイス!しています

2

他家の1つが三元牌の2種を鳴いていてかつ、残り1種が生牌の場合は握り潰します。

2人がナイス!しています

2

大三元の可能性が消えていなければ普通は切らないですね。 しかし巡目が早ければさっさと切って他に抱えてる人がいたならばその人も合わせて切るでしょうからそれはアリだと思います。自分もアガれそうな時には行ける所まで行きますね・・・・ 中盤に差しかかった時にまだ一枚も見えていない状況ならダマであがれる手作りをしてもし掴んで来たら死ねる準備をしますね・・・ 私の経験上ですが大三元あがれる時ってどれか1つは暗刻にしてて二つ鳴いた時には大三元出来上がって両面待ちかノベタンになるパターンの方が多い気がします。 シャボ待ちで高目大三元の時って中々アガれない気もします。 3枚鳴いて大三元パオってのもあまり見かけませんね。

2人がナイス!しています