回答受付が終了しました

瀬島龍三という人間、凄すぎませんか!?

瀬島龍三という人間、凄すぎませんか!? ドラマ「不毛地帯」を昔見ました。最近もう一度見ました。 本当に素晴らしいドラマで、1番好きなドラマです。てか山崎豊子さんが原作のドラマって全部面白いですね。(原作は読んだことないけど笑) このドラマの主人公、壱岐正(唐沢寿明)のモデルになった人は瀬島龍三という人だそうで、ネット上で少し調べてみました。 いやー!やばいっすね!人生こんなに頑張れます? 陸軍士官学校に入るだけでも大変なのに、早期に陸軍大学校に合格(おそらく1発合格)してトップで卒業、優秀ゆえ参謀畑を歩み、関東軍参謀として終戦を迎えたときには中佐でありながらまだ34歳!!! ソ連との停戦交渉の後、帰国することができたにも関わらず、留まり捕虜となる!(かっこよすぎてシビれるうぅー⤴︎⤴︎) そのあとシベリアで想像を絶するほど過酷な労働に11年間!!死なずに耐え抜く! 帰ってきて45歳? 現在の伊藤忠商事に係長程度の待遇で迎えられたのにも関わらず、伝説的なスピード出世で会長にまでなってしまう!!(その間、伊藤忠は急成長し、現在では日本の商社で2番手!?) 伊藤忠退職後も、商工会議所顧問として、政界と財界に影響力を持ち、まさに「昭和の参謀」と呼ばれました。 2007年に90歳で亡くなられたようです。 山崎豊子原作の「沈まぬ太陽」でも瀬島龍三をモデルとする商工会議所顧問の人が出てきましたね。 いやーすごいよ。すごすぎる。一回の人生でこれだけのことができるものでしょうか?しかも人生のうちの11年を奪われてしまって… 本当に尊敬します。 軍人としてのキャリアを完全に潰されて、人生振り出しに戻って40半ば、からの!民間での大活躍! 本当に優秀な人ってどこ行っても優秀なんですね。 私も軍人に憧れて、防衛大学校に合格しましたが、現在の防大はレベルが高くないので、浪人して必死に勉強、東工大に進学しました。でも大学では落ちこぼれていよいよ人生が嫌になってきました。 受験までは私もエリートの端くれだったつもりですが、これからもエリートでいられるかと言うと厳しいところです。 私は瀬島龍三さんのような人を見ていると、夢を見ている気分になれます。自分もこうなりたかったと。 昔の日本人が、戦争を戦った戦後の日本人が、どんなに必死に働いて先進国日本を作り上げていったかが少しだけ分かるドラマでもあると思います。 本当にいろいろ感動しました。音楽も素晴らしかった。菅野祐悟さんの曲はアニメ「亜人」で初めて聞いて、この不毛地帯の曲も本当に素晴らしかったです。 でもこのドラマのことも、瀬島龍三氏のことも、知っている人が少なく、ドラマに至ってはかなりの低視聴率であったと聞きました。 悲しいものですね。この感動を共有できる人がいないなんて。 不毛地帯が好きな人はいますか? 瀬島龍三さんを知っていて尊敬している人はいますか?

日本史 | ドラマ52閲覧

回答(1件)

2

残念ながら…、瀬島龍三がモデルという説は作者の山崎豊子さんが明確に否定されてます。読んだ時には自分も瀬島龍三がモデルかと思いましたが。 ただ、瀬島龍三はソ連のスリ−パ−だった疑いがあり、公安にマ−クされていた事実があります。

2人がナイス!しています