回答受付が終了しました

ID非公開

2020/8/9 2:06

77回答

広島、長崎の原爆は鉄筋コンクリートの建物には、建物自体を倒壊させることができなかったそうですね。ということは、核兵器が新宿駅や、東京駅の真上に投下された場合は、よく言われている100万単位の死者がでると

広島、長崎の原爆は鉄筋コンクリートの建物には、建物自体を倒壊させることができなかったそうですね。ということは、核兵器が新宿駅や、東京駅の真上に投下された場合は、よく言われている100万単位の死者がでると かいうのは誤りではないですか? 東京、新宿など都心はビルの森です。しかも、度重なる建築基準の改正により、あの当時よりはるかに強固な構造になっている。 つまり、東京駅、新宿駅の真上にリトルボーイが落とされたとしても、死ぬのは外にいる人だけじゃないですか? ビルの中で働いている人はビルに守られ、ガラス片を浴びるとかはあるかもしれないが、多くの人は助かると思いませんか? そう、つまり、核兵器が怖いとか、騒ぎすぎと思いませんか?

回答(7件)

0

一応、耐震耐火構造の建物は残ってましたね。 旧大正屋呉服店、本川小学校や日本銀行広島支店、旧帝国銀行広島支店など。※原爆ドームは別の原因で残りました。 確かに、現在の新宿副都心の高層ビル群は、耐震構造ですがガラスやアルミのカーテンウォール構造なので、核爆発により発生する高熱や衝撃波で、簡単に壁が吹き飛んでしまいますよ。骨組みだけになるわね。 多分、ビルのオフィスで仕事をしてる人は、無数のガラスが体に食い込むでしょうし、そのまま衝撃波で吹き飛ばされるわね。 問題は外に居る人ね。外に居る人は熱線を浴びる事になりますが、ヒロシマと異なり 追加で高層ビルからのガラスのシャワーを浴びる事になりますね。 尚、熱線を浴びると真皮と筋肉の辺りの毛細血管が瞬間湯沸かし器状態になって、周辺の細胞が沸騰した血液で内部やけどになって壊死するので、1週間程度で敗血症により死亡しますよ。 ヒロシマの場合、爆発時の即死より、この敗血症での死亡が多いのよね。 リトルボーイは15Kt程度ですが、現在は1Mt以上ですから被害は更に大きいわ。 それにビル風って言葉が有るように、逆に衝撃波がビルの谷間で複雑に増幅されるわよ。 但し、地下も結構深いので、地下に居れば助かる確率は高いわよ。 大江戸線のホームなら、殆ど放射能や衝撃波、赤外線の影響も皆無でしょう。

0

ビルは倒壊しなくても、中の人間は即死です ビルの柱と床は残ります 壁は弱く窓は全壊で室内は全て吹き飛びます ビルは倒壊しなくても、単なる残骸です

0

今だと、建物を壊さずに人間だけを標的にした 中性子爆弾とかもあるかと >そう、つまり、核兵器が怖いとか、騒ぎすぎと思いませんか? この文だけ印象操作みたいに、とってつけた感満載w