回答受付が終了しました

しのぎを削る、という表現と実際の刀の使い方について教えてください。 実戦で武士が刀で戦う場合、どのように刀を使っていたのでしょうか。

しのぎを削る、という表現と実際の刀の使い方について教えてください。 実戦で武士が刀で戦う場合、どのように刀を使っていたのでしょうか。 しのぎを削るという言葉の語源にはしのぎの部分がこすれて 削れるほど、という解説があります。 実際に戦う時というのは、切りつけて行く時は当然刃の部分で行きますが、 受ける時はしのぎの部分で受けるのですか? 刃どうしがぶつかれば刃がかけてしまいそうですが、 日本刀の使い方に詳しいかた、どなたか教えてください。

この仕事教えて | スポーツ9閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(3件)

0

実際どうだったかわかりませんが、かなり古い時代劇を見てみたところ、刀と刀が当たる瞬間に手首を返し互いに鎬で受けていました。最近の時代劇でそんなのは見たことがなかったので驚きました。 それが殺陣だけのものなのか、そうして刀を受けていたのかはわかりません。

0

言葉は「しのぎを削る」ですが、意味としては「削られる」とか「削り合う」なんでしょうね。 刀の2層構造は、内側の刃鋼が硬く切れ味重視なんですけど硬い反面で脆い金属です。 包み込む鋼は、粘りがあり折れない強度を出す為の物ですが刃より少し柔らかい。 斬り合いは、当然打ち込みも受けも刃の部分でやる訳ですけど、間に合わないで刀の側面で受けるしか無い時もある。この普通じゃない事が起きる激しい斬り合いが、しのぎを削る(削られる)です。 龍馬が暗殺された時に持っていた刀が、しのぎが削られた刀として残ってます。刀の側面で受けた跡ですね。 通常は、刀を横にして受ける事なんかしないです。1対1で無く複数からの襲撃で、とっさの受けだったのでしょうね。

0

>しのぎの部分がこすれて削れる・・・ このような理解が一般的のようですが、 刀が刃こぼれしたため、 「しのぎ」まで削って砥直した、 そういう激しい戦いだった・・・・ という理解が正しいようです。 刀は「はまぐり刃」ですから、 刃先だけ砥いだだけでは 刃の角度が大きくなり、斬れません。 だから刃こぼれの分だけ「しのぎ」を削って 刃の角度を保たなければならないのです。 「はまぐり刃」とは、 刃先から「しのぎ」までをいいます。 他人に刀を砥がせて、 畳表を斬って遊んでるだけの人たちには 理解できないことです。