泉涌寺にある 月輪陵は宮内庁が管理しているのですか? 泉涌寺の敷地に宮内庁が管理する月輪陵があるという事でしょうか?

泉涌寺にある 月輪陵は宮内庁が管理しているのですか? 泉涌寺の敷地に宮内庁が管理する月輪陵があるという事でしょうか?

日本史11閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

おっしゃる通りです。 泉涌寺は江戸時代から皇室との関係が密接になって、後水尾天皇から孝明天皇に至る歴代天皇・皇后の葬儀を一貫して執り行うだけでなく、その陵墓までも全て境内にある月輪陵として築きました。 しかし、明治時代に入り、廃仏毀釈の混乱の中で月輪陵の陵墓は全て明治政府に没収され、宮内省(現・宮内庁)諸陵寮の管理下に置かれることとなりました。 これ以後は天皇・皇后の葬儀を泉涌寺が行うことはなくなりました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、回答、ありがとうございます。

お礼日時:8/10 14:12

その他の回答(2件)

0

前の方のおっしゃる通りです。御陵は全て宮内庁書陵部の管轄です。月輪陵のところには月輪管区事務所があります。お寺の中に宮内庁管轄の陵墓があるのは、私が行ったところでは酬恩庵があります。一休寺と呼ばれている、トンチで有名な一休さんゆかりの寺で寺域にお墓がありますが、お墓の部分は宮内庁管理になっています。一休さんが後小松天皇の御落胤という定説により、宮内庁が管理しているようです。

0

江戸時代には、天皇家は仏式で葬られた経緯があり、その墓地が泉涌寺内だった、というわけです。 明治以降は 天皇家の面倒は 宮内省→ 宮内庁に移りました。 月の輪陵は そういった墓地の総称です