中華人民共和国が出来た時に

中華人民共和国が出来た時に 大総統 と言う言葉を使わず 主席と言う言葉を使ったのは 国民党が「総統」と言う言葉を使ったことで 別の言葉にしたのでしょうか?

政治、社会問題 | 中国史13閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

「主席」は東アジアのみで広く使われる元首の呼称 です。 主席 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E5%B8%AD 国民党による中華民国国民政府も1925~1947年 まで国家元首を主席と呼んでいました。今でも 台湾の元首は「総統」ですが、国民党のトップは 「主席」です。 1949年以降に中国共産党中央人民政府委員会の トップを「主席」と呼び、1954年に中華人民共和 国を成立させると元首に「主席」という言葉を 使います。これは、ある意味、1925~1947年の 国民政府における呼称「元首」を継承しているわけ です。 日本と戦っていた国民党政権時代の元首が「主席」 であったため、日本と正面から戦わずに逃げ回って いた中国共産党としては、自分たちが日本と戦って 勝利し、中華人民共和国を建国したように見せかけ たいが故に日中戦争時代の元首の呼称であった 「主席」を選んだのではないでしょうか。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございました

お礼日時:8/18 23:06

その他の回答(1件)

0

社会主義国の全部主席と呼ぶんです。 ソビエト社会主義共和国連盟、ベトナム社会主義共和国、朝鮮民主主義人民共和国、キューバ共和国、そして中華人民共和国 全部主席です