メジャーとマイナーについて、メジャーだから高い音、マイナーだから低い音というわけではないのですか? コード進行について勉強していますが、理解が難しいです。

メジャーとマイナーについて、メジャーだから高い音、マイナーだから低い音というわけではないのですか? コード進行について勉強していますが、理解が難しいです。

作詞、作曲18閲覧

ベストアンサー

0

和音は関係ありません。 スケールのつながりが暗いか明るいか感じる人が多いだけです。 マイナーはスピーディーで攻撃的。 メジャーはのんびりで何も考えてない音楽。 否定しきれない極論ですが、一部を見て全体を無視すればどんなこじつけもまかり通ります。

その他の回答(3件)

0

音域と調は全く関係ないです。 白い鍵盤でCDEFGHAB と並べるのが長調で、ABCDEFGHと並べるのが短調です。Cで終わると終わった感のあるのが長調、Aだと短調です。 ただ、それはいかにもの話で、短調なのにドで終わることもあります。 コード進行を勉強する前に、普通に弾き語りをやってください。 あるいは、白い鍵盤だけで、知ってるメロをさぐってください。 譜面を見るのでなく探って再現するんです。 これが全ての基礎になります。短調長調の理解、ドレミファソラシドの意味。採譜能力など。

0

細々とサウンド制作に携わっています. 以前、専門スクールで作曲&DTMを教えていました. 音楽理論での「メジャー」「マイナー」は、 音程が「広い」「狭い」という意味で使われています. つまり、「高い」「低い」ではありません. ※以下、算用数字で統一します. 「長3和音」は、根音と弟3音が「長3度」、 「短3和音」は、根音と弟3音が「短3度」で、 それが名前の由来になっていると思われます. 同じ「3度」でも「長3度」「短3度」では異なります. 何が異なるのか? それは、音と音の間隔です. 音程というのは、音と音の間隔ですから、 「広い」「狭い」という表現になります. 「間隔が高い」「間隔が低い」とは言いません. 何かお役に立てれば幸いです.

0

「メジャーだから高い、マイナーだから低い」は、コードやスケールの第3音や第7音のことでしょうか? 音楽でメジャー・マイナーといえば普通はキーかコードかスケールの話です。 自分が取り組んでいるのがこのうちどれなのかをまず確認しましょう。 コード進行に高い低いはありません。