専修免状取得について。

専修免状取得について。 中学教諭免状専修種(大学院生修了)を取得後、科目履修生として大学通信で学び、小学校二種免状を取得しました。今秋、小学校一種免状を取得見込みです。 今後、以下の形で、小学校専修免許を取得したいのですが、認識に誤りがあればご指摘下さい。 ✳️教育委員会から回答をいただくのは時間がかかるそうです。 1.一種免状を取得(2020年秋) 2.2023年秋まで小学校で勤務(一種取得後三年) 3.一種取得後2020年度中に教職に関する科目を6単位修得する。 4.新しい通信大学で2021年度で教職に関する科目を10単位修得。 5.3.と4.合算で16単位+2023年で在職満三年に達した段階で教職員検定による専修免状を申請する。 回答おねがいします。

小学校 | 大学40閲覧

ベストアンサー

0

教員経験3年が非常勤講師の場合などは経験年数が換算されるケースがある。 なお、専修免許に必要な単位は大学院の単位ですが大丈夫でしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様有益な情報をありがとうございました。放送大学で来年より単位を修得し専修免状を取得します。

お礼日時:8/18 11:58

その他の回答(2件)

0

まあ既に回答があるのでもう一度ですが、基本的には大学院の単位になるのでそこは注意です。 とは言え、同じ事ばかり言ってもしょうがないので、あえて違う部分を書きますね。 まず「3」の方法について、制度上はOKですが、注意して欲しい事があります。 別表第三での単位として認められるのは、小学校1種免許を"取得後"に修得した単位になります。 ここがポイントで、単位が記載された学力に関する証明書っていうのを見て貰いたいんですが、単位の修得日を日付まで書いているという事は無いはずです。 一番多いパターンが、"年度"しか書かれていない証明書です。 この場合、『2020年度』と、書かれてしまうと、1種免許取得前に取った単位なのか、1種免許取得後に取った単位なのかが判別出来ません。 そう言う場合には、学力に関する証明書に、年度だけではなく、年月の記載も必要になります。 なので『2020年9月』とか、そういう記載が必要になります。 一部の大学では、最初からそういう記載になっている学力に関する証明書の場合もありますが、大半の大学は専用レイアウトの証明書を発行して貰う必要があります。 大学によっては、個別のレイアウトでの発行はしない。と、発行してくれない所もあるにはあるので、そこは要確認が必要になります。 なので注意点としてはそんな感じですね。 ちなみに・・・ 些細な疑問というか、興味関心の方が強いんですが、3年の実務経験が必要な別表第三での教育職員検定にこだわる理由は何かあったでしょうか? 既に質問者様は院卒なので、別表第一の方でも免許は取得可能ですし、別表第一であれば実務経験は不要です。 ただ別表第一の場合には、単位が15単位ではなくて24単位が必要という事になる訳ですが、この9単位の差と3年の実務経験をどう考えるかです。 3年という期間は長いので、その制限が無い別表第一の方が良いんじゃないかなぁとは思った訳ですが、何か理由があれば教えて下さい。 とりあえずは回答としてはそんな感じですね。 長くなりましたがとりあえずはこの辺で。

24単位修得も私のペースでは三年程度必要ですが、別表1もやはり大学院での単位なのでしょうか。一種二種と専修が一つの表に書かれ、大学院での単位と書いてある箇所が別表1のほうでは見当たりませんでした。 学力に関する証明書は気を付けます。ありがとうございます。

0

既に回答もありますので重複にはなりますが… 上級免許の申請に必要な15単位(以上)に関しては基本的に大学院の単位になります。大学での科目等履修では認められないのでご注意を。 また在職年数に関してはフルタイムでのカウントになるはずです。東京都では非常勤講師だと1/2のカウントになります。 (参考:https://www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp/static/kyoinsenko/menkyo/m_shinsei/m_kentei01.html) おそらく書かれている内容を実行しようとすると、フルタイムで小学校教員として働きながら通信制大学院での単位取得となり大変だとは思いますが頑張ってください。 (書くまでもないんでしょうが、小学校専修で認定受けている通信制大学院は、聖徳大、佛教大、明星大、岐阜女子大、星槎大の5つしかないので気に留めておいてください)

まさに今ネットで検索していたところです。教科は院のみ、教職に関しては学部のものも認められているような文言があり、教職に関する科目で15単位取得できないか調べてみます。 現職は続けますが専修も取得したく思います。