ID非公開

2020/8/15 6:33

11回答

長距離マネージャーから選手になろうか考えています。高校2年生です。

長距離マネージャーから選手になろうか考えています。高校2年生です。 自分は中学の頃短距離をやっていました。高校では続ける気はなかったのですが、第1希望に落ち第2希望であった陸上強豪校に入学しました。そして友達に勧誘されて陸上部のマネージャーとして入部しました。 先生は自分をマネージャーとしてすごく信頼してくれていて、選手としても、「走り方も綺麗だし、気持ちの面でも絶対強い選手になる」と言ってくれました。 今年は高い目標でやっていて、このままのチームでは目標達成が出来ないと感じています。 自分はスポーツが好きなので趣味で体づくりはしていますし、短距離をやっていたので、ドリルや動き作りは選手よりいい動きができると自分では思っていて基礎体力程度はあると思います。 ですが、全国を目指している中でそれなりの覚悟がないとやっていけないのは分かっていますし、過酷で辛いのも重々承知です。 ですが、自分が走れば全国に行けると言われ、あんな新入部員を走らせるんだったら自分が走った方がいいんじゃないかとも思っています。 あと試合まで3ヶ月で自分がどこまでいけるのか未知ですし、こんな状況下で試合が実施されるのかも分かりません。もしかしたら新入部員が上がってきて、自分より走れるようになってしまうかも知れません。 どちらの選択肢を取るのがチームのためになるのか自分のためになるのかわかりません。

マラソン、陸上競技 | トレーニング31閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

理想的人材が見つかったという思いです。中学でやっていて1年間は見ていた。高校2年で始めたい。 実は陸上の選手のピークはどこの年齢に置くか、これで選手の選手生命がほとんど決まります。ジュニアで大活躍全国もベスト3しかし社会人となった時ジュニアからトップクラスという選手は少数です。中学の部活も勝つために練習します。そのように指導もします。中学3年でホームも決まり筋肉もしっかりしてくる。ここで最高の体ができればそこがピークでそれをいかに維持して行か、そこに成長期という壁 体の成長スピードに筋肉柔軟性が一致しにくいト、難しい時(年齢)です。 本来はそれらすべて体を考えれば、中学は基本的な動き一定の心肺機能アップなどいわば、体を陸上競技に慣らす。専門は何をやるか漸く決めるかどうかぐらい。これで卒業、高校も1年は中学での練習を強化そして2年生ぐらいから方向を見極め本格始動 あなたはおそらく運動は続けていますから、選手の動きを1年間見て良い悪いの判断が養われたはず、高校2年はいよいよ目標に向かうスタート位置。勿論ここで完全に種目を決めるまで行かなくてもok,あなたは1年休んだようでそうではない別方向のトレーニングをしていたとも言えます。勿論選手同等のスタミナがあるとは言えません。そこは致し方がありませんが、体が大人となるには個人差が大きく、そこが陸上競技も難しいところ、ですから高校ではベスト20がやっとの選手が大学3年ぐらいから急激に伸びるなどもありますし、他スポーツから転向してきて成長を魅せる。 もあるわけです。 今は日本でも選手の成長に合わせた陸上競技の指導を行っている。最先端指導もあるとは思いますが、やはり部活となると、早く完成させと無理にホームを押し付ければ、独特の動きも抑え込んで、伸びる才能も抑え込んでしまいます。そこは粗削りでも、とかホームは違うが今はこのまま、という長い目の指導があれば、20台で狙う標的の世界に照準が合うわけです。 あなたは偶然的ですがその流れに乗れるように思います。ぜひ再スタートを切って人生のターニングポイントとしましょう。

ID非公開

質問者

2020/8/15 16:24

やってみる価値はあると理解しました。 実際今走ってみないとわかりませんが、半年前の体育の授業で8割りほどで走って3.6キロを17分で走りました。 自分の努力次第なのは重々承知ですが、こんなレベルで3ヶ月で3000m10分10秒台に持っていくことは可能でしょうか、