回答受付が終了しました

ID非公開

2020/8/30 23:38

55回答

二級建築士の設計製図試験について質問です。

二級建築士の設計製図試験について質問です。 今予備校に通って練習問題のエスキスをしてます。プランがまとまって出来たのですが、矩計の切断位置がうまくないです。 1階シェアハウス部分で1,2階の開口部を含むと条件がなってますが、私のエスキスだとシェアハウス部分は突出していて2階がない下屋か、縁側のある和室です。縁側の矩計は書けないのでそこは無理です。 突出してない2階がある部分だと北側の水回りになるので開口部がないです(無理やり開口部設ける手段はあるかもしれませんが) これはプラン自体がダメって事ですか? 一応うまくまとまったと思ったのですが、エスキスは矩計を意識してやらないとダメですか? 本番でもこのような状況はありえますか?

資格、習い事 | 建築88閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(5件)

0

その場合は縁側を描けるようになりましょう。 かなばかりずは 「1Fが土間のパターン」 「畳のパターン(1.2階で少し違う)」 「外壁が乾式のパターン」 「バルコニー付きのパターン」 「外部にテラス、ウッドデッキ、縁側を含むパターン」 「吹き抜けのパターン」 最低限この辺は描けるようになっておきましょう。 その上で普通のパターンで描けるところで切れたら御の字 くらいに考えておくべきです。 ☆ 切断位置は制限と思わず計画のヒントだと思いましょう。 エスキスに取り掛かる前に切断位置の指定を確認しておくと 少し作図がしやすくなると思いますよ あとはウルトラC的な方法ですが どうしても切るところがない場合 入母屋にするとして東西面を切る または棟木のかかる方向を90度回転させて書くという方法もあります。 いずれも立面図に工夫が必要になるので少し手間ですが どうにもならないならそれもいいと思います。 また後者の場合だと最高高さの制限を気にしなくてはなりません。

0

製図試験は、まず見本の図面がありそれを問題文に分解していると言われています。条件がなにか上手くハマらないなら、それは出題者が思っていた図面ではないです。 「プランがまとまった」とおっしゃいますが、それは室要求がおさまっただけで、断面指示や景観配慮、構造的に自然などの抽象的な他条件を無視しているともいえます。 しかしながら本番では、減点覚悟で行くべき場合もあります。

ID非公開

質問者

2020/9/2 8:45

断面指示も要求のうちって事ですね。 断面指定された部屋は平屋にしないなど。

0

矩計の切断位置を確認してからプラン作らないと後々大変だと思います。 切断位置を要求された部屋の上になんとしても、居室を頑張って持ってくるしかないです。 要求図書によりできない場合もありますが、私はシェアハウスの総2階部分には、シェアハウス部分を持ってくるようにしています。(シェアルームの真上には、貸部屋) 要点には、住宅部分に騒音を伝わらないようにした、的な文章も書けますし。

ID非公開

質問者

2020/9/1 19:51

矩計の位置を考えてエスキスするのもエスキスのうちなのですね。 不自然なプランでなければ自動的に矩計切断位置は困らないと思ってました。

0

先に回答している方のように 断面切る方法はありますが どちらかと言うと実務的に思えます。 一・二級どちらの製図試験にも言えることですが 基本に沿ったエスキスを行えば 標準的な回答に限りなく近づきます。 矩形で課題に沿った断面を起こしにくい。 おそらくエスキスに問題があるはずです。 1、2階で柱及び間仕切壁の位置に整合性もたせてますか? 上下階で経済性(梁成など)を考えずに ただ課題文の室配置を無理やりおこなってしまうと 合格から遠ざかります。 解答例をじっくり見てください。 限りなく基本に忠実にエスキスされているはずです。 結果、矩形図の切り方に困ることは無いはずです。

ID非公開

質問者

2020/8/31 22:04

私もそう思うのです。今まで矩計の切断位置で困る事はなかったのですが。 おっしゃる様に変なエスキスをすれば不都合が生じますが、特に不都合はないし、解答例も見ましたが、この私のようなプランも半々くらいの確率で産み出されるように思いました。 そうすると、そもそも矩計切断位置を意識してエスキスすべきだったのかなと思いました。

0

吹き抜けや階段などであれば、高さ関係の干渉を充分考えるべきですし、まあ、できれば、間仕切りの位置なども1階と2階で一致させるべきとは思いますが、矩計の見栄えを目的として設計するなど、聞いたことがありません。切断位置については、中で段差を設ければ、都合の良い手前の部屋と奥の部屋を同じ図面上に表すことができます。 ※ただし、図のような断面線を平面図に記入する必要はあると思います。

画像