解雇予告手当なんですが、今年の1月に会社から言われて10月31日に遡り解雇と言われたんですが違法ですよね?

解雇予告手当なんですが、今年の1月に会社から言われて10月31日に遡り解雇と言われたんですが違法ですよね? で、給与は月末締めで翌月25日振込みだったんですが、10月31日までは在籍していたんだから11月25日に振り込まれた給与は解雇予告手当の対象にはならないんですか?計算書があるんですが、8月25日・9月25日・10月25日振込み分が対象になっていますが。 で、会社に弁護士が入ったら解雇から退職勧奨になり解雇予告手当が解決金になりました。 ちなみに9月10月11月と出勤していなかったんですが、なぜか給与が支払われていた。アルバイトなのに。 変な会社ですか?気不味いと弁護士入れて合意退職を押し付ける。誠実に会社と話し合いをしたかったに。

労働問題90閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

2

ID非公開

2020/9/3 9:49

相手の弁護士にしてやられた、って感じだね。 しかたがないよ、弁護士は法律の専門家、あなたは法律には精通してないのでしょうから。 いくらもらったかしらないけど、解決金をもらって文句を言うのはこれまたルール違反だよ。 まあ今更いくら言っても、どうにもならないんだけどね・・・解決金を受け取ってしまった過去の自分に反省だね。 労働者側もちょっとは自分を守る法律は身に着けておかないと、といういい事例だと思うよ。

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

そうですね。ありがとうございました。

お礼日時:9/3 15:12

その他の回答(4件)

1

解雇を含め「雇用の契約」は、双方の合意によって成り立ちます(民法623条)。 よって違法かどうかを争えるのは「合意せずに退職の強要や解雇をされた」場合、です。双方が合意して解決した場合は、違法性を問えません。 解雇に関してもそのうちの一つで、確かに労働契約法16条により、「不当な解雇の禁止」という項目はあります。 しかしながら「なにが不当か」「どこからが不当か」「これは不当か」と決めている基準は全くありません。 よってそれが不当かどうかを争うのが「地位確認請求」、すなわち民事裁判等です。 裁判までせずとも、会社に対し「これは不当なので私はのめない!」と争うことも可能です。 しかしながら、「解決金をもらって解決」した場合は、その争いを「あなたの意思」で「お金で解決し、放棄しました」、という事になります。 この場合、あなたのご納得で解決したのですから、以降なにも争う権限がありません。 よって >今年の1月に会社から言われて10月31日に遡り解雇と言われたんですが違法ですよね? その時には検討すれば違法だったかもですが、現時点では解決済みなので違法性を問えません。 民事訴訟法により、今後争うことも出来ません。 会社側としては法的に問題が無いようにするために弁護士に依頼し、弁護士はそのように仕事をした、ということになります。残念ながら相手側が完璧だと思います。 「その当時は違法だったかも」しれないことを、「あなたの意思で違法ではない状態にした」、という事です。

1人がナイス!しています

自分が言いたいのは合意しろ!と会社が言うならパワハラはどうなるの?と言いたいんです。別に争うとか賠償請求とかはできないのはわかっています。 アルバイトのリーダーからパワハラをして会社は何も対応せず逃げて逃げて弁護士が入り逃げ切り。そんなことありですか?と言うことです。

3

ご質問者様には気の毒ですが、会社側の弁護士がいい仕事をしています。 弁護士さんが入る前の状態なら違法性もありましたが、弁護士さんの処理、特に「解決金での解決」を終わらせているので、なんら違法性は消えています。 解雇に関しては違法性が問えるのは「争う」かどうか次第ですから、解決してしまってはなにも争えないので、違法性を問えませんからね。 >誠実に会社と話し合いをしたかったに。 もしそうなら、なぜ解決金を頂いて解決したのでしょうか? 解決金とは「あなたが納得した」という証明ですよ?

3人がナイス!しています

1

つまり昨年の10月末日で解雇というのを今年の1月に通知されたということですか。その差3ヶ月はどうしていたのですか。なんだか不思議な話ですね。

1人がナイス!しています

2

最近知り合いで似たような事例がありました。 経営者の知人が突然の解雇通知を従業員に出したのです。 アタシもそれって違法じゃない?と思いましたが、聞いた話によると 解雇通知を出してから最低31日以上の給与を保証する、ことで法律上は問題ないそうです。 その場合、出勤していないアルバイトさんにも同じに対象となる保証期間分の給与を支払ったとのことでした。 コロナ影響でこういった事例も多いかと思いますが、ちなみに知人はコロナが原因ではなく、 従業員との馬が合わず、運営に支障な出たり、信頼をできなくなったという理由で、従業員を全員解雇でした。 話し合いをできないほどの溝があるとかではなさそうですが、経営者がそうと決めたこと、法律の範囲で保証をされているのであれば、 話し合いをしても何か解決するんけではなさそうですし、予告をしてくれただけでもマシと思って、切り替えて次の職場を探した方がいいと思います。

2人がナイス!しています