回答受付が終了しました

ID非公開

2020/9/3 14:54

33回答

写メは今朝撮ったガートルードジェキルです。

写メは今朝撮ったガートルードジェキルです。 今年の春に大苗で購入し開花した花を1回だけ摘花しました。 脇芽が伸びて今、120cmくらいでしょうか。 最初、写メに写っている雨戸袋の前にトレリスで誘引しようと思ったのですが先日、鉄製のカッコいいオベリスクが500円で売ってたので、つい買ってしまい横に立てました。 (オベリスクは170cmくらい) 本来、ジェキルは直立性HTなんでしょうが何かの本で半ツル性で仕立てられると読んだことがあります。 質問なんですが。 ①このまま、ツルバラのようにオベリスクに巻き付けて誘引できるのでしょうか? (その際、摘蕾とかはしないでこのままの方がいいのでしょうか?) ②仮にできるとしたら、普通のツルバラのようにこのまま真っ直ぐに仕立てといて年末に葉っぱをむしり年明けに巻き付け誘引とかした方がいいのでしょうか? できればオベリスクに豪勢に咲いてる花を観たいです❗ 普通だと左の写メのようにダラーンとなってます。 長さが掴めないと思い右のように纏めて写しました。 宜しくご指導お願いいたします❗

画像

回答(3件)

0

ガートルードジェキルは、シュラブローズ(半つる性)です。 返り咲きで、若木のうちは返り咲きしにくいですが、年数とともに小枝にも花が付くようになります。 2年生大苗で購入されたのですから、特別に株を早く育てたい事情がなければ、摘蕾にあまり気を遣わなくてよいです。 シュラブローズはいろいろな仕立てにできるのが、魅力ですよね。 もちろん、オベリスク仕立てにもできます。 オベリスクの高さは2m前後のものがおすすめですので1.7mでも大丈夫です。 基本は直立性なのですが、枝ははじめは曲げやすいのでオベリスクにも仕立てやすいです。成育旺盛なので株が充実してくると2.5mくらいまで伸びます。 ただし、枝が充実してくると堅くなり曲げにくくなりますから、伸ばしたい方向に仮留めしておくのがおすすめです。 オベリスクに仕立てる場合、枝をらせん状に誘引しますので、まきたい方向にゆるく仮留めされたらよいと思います。枝が2本あるのでしたら、それぞれを逆巻きにします。ただ、枝を曲げられるのはバラにとってはストレスですから、成長期にあまり曲げると成長が止まってしまいます。 剪定/誘引は休眠期(冬)に行ないます。 つるバラとして育てる場合は、強剪定はせず、花が咲きそうもない小枝を整理するくらいでよいです。オベリスクの下の方は花が少なくなりがちですから、下の方は小枝を多めに残すとよいです。 葉っぱをむしり取るのは、光合成を止めて休眠期を早めること、病害虫が越冬するのを防ぐこと、誘引しやすくする(枝がよく見える)ことが目的になりますが、株を充実させるためには、光合成を少しでも長くさせるために、あまり早くに葉をむしらないほうがよいという育苗家もおられます。 なので、毎日ばらをよく観察されて、12月中旬から1月中旬までの間で、枝が堅くなりすぎない時に、剪定/誘引されるとよいです。1月中旬より遅れると新芽が出てき始めるので、誘引の際に痛めるリスクがありますから注意してくださいね。 これは個人の好みですから、いいにくいのですが、オベリスクはいまのものではなく、こんな形のものの方が豪華に咲きます。いまお持ちのものは、上に行くほど細くなりすぎていますので・・ばらは上に行くほど多くの花をつけますから・・・ <<https://www.amazon.co.jp/dp/B01N7V426N/?coliid=I1NS5B0CLHRSGV&colid=QIGPG99JOR7K&psc=1&ref_=lv_ov_lig_dp_it>>

ID非公開

質問者

2020/9/6 23:54

ご丁寧にありがとうございました。 先のflo ・・さんにも返信しましたが両方トレリスか一方は(もっと大きくて頑丈な)オベリスクを設置し左右の扇形に広げて見ようと思います。 今回、大変に勉強になりました。 参考にさせてもらいますね。 ありがとうございました。

0

ER・ガードルードジェキルについて。 ‥‥‥①このまま、ツルバラのようにオベリスクに巻き付けて誘引できるのでしょうか? (その際、摘蕾とかはしないでこのままの方がいいのでしょうか?) ◉まず、つるバラの場合の枝の誘引剪定適期ですが。。。 つるバラは今時期枝を倒したり横へ誘引ししないでください。つるバラの誘引剪定適期は12月中過ぎ頃~1月中過ぎ頃までです。 それまで枝をできるだけまっすぐ伸ばしたままにしておきます。強い風などで枝が折れやすいので、まっすぐ伸ばした枝はどこかへ固定して動かないようにしてください。これからの台風の事もあります。 摘蕾は今行っても良いでしょう。ソフトピンチです(指先ピンチ) つるバラは今時期に枝を横へ倒さない理由があるのです。 ◉次にオベリスクへの誘引ですが、↑に書きましたように今オベリスクへの誘引はしません、↑適期にです。 このバラは枝の伸長は然程ありませんが、枝がやや硬く太めになり、棘も鋭いです。オベリスクへの巻き付け仕立てよりは平面的な場所へ這わせた方が後々の仕事としては楽でしょう。 それでも巻き付け仕立てがお好みであれば、オベリスクの円周も”より太め”のものを使う事ですね。画像のオベリスクでは小さいと思いますね。 オベリスクの円周が小さいものは、枝を小さく曲げて巻きつけるようにしなければいけない為、枝は硬いだけに折れそうになります。オベリスク仕立てがご希望であれば円周が太いものをご用意ください。 ◉貴宅の場合は、今現在オベリスクを埋め込んでいる場所へ、トレリスを埋め直してはいかがでしょうか? トレリスであれば、やややめ横左右へゆっくりと倒しながら枝を曲げて固定していったり。トレリスの高さ180㎝×幅150㎝位あれば左右への誘引は可能でしょう。これから、毎年くる12月の誘引剪定時の仕事がよりやり易くなると思います。 オベリスク仕立ては、巻きつけてある枝を全部解き放して剪定し、再度巻き付け誘引していく事になり、枝数が少ないうちはそれでも良いですが、枝数が増えていくと棘のきつい枝の固いバラの作業は大変になると思います。 自分の場合は平面仕立てにしています。壁に沿って”横幅がやや広いはしご型のトレリス”を斜めに立てかけて枝をやや直立を交えながら這わせていますよ。 知り合いの大工さんに作ってもらいました。紺色ペンキは自分で塗りました。高さは180㎝くらいありますが、2年半やっと経過しただけなので150㎝くらいまで占領していますが、、。 ②仮にできるとしたら、普通のツルバラのようにこのまま真っ直ぐに仕立てといて年末に葉っぱをむしり年明けに巻き付け誘引とかした方がいいのでしょうか? ◉手入れの順序としては良いと思います。つるバラの場合、春の芽の動きが早いので普通のバラよりは早めに行います。自分は12月の下旬~お正月明けの早々に仕事をしています。株数が多いので1日や2日では終わらないので。 参考にされてください。

ID非公開

質問者

2020/9/6 23:49

ご回答ありがとうございました。 詳しくご丁寧に説明していただき良く理解出来ました。 ただER の青く香りがいいバラが欲しくてこのジェキルとシエラザードを買ってしまいました。 こんど買うときは、そのバラの性質も良く吟味しないとダメですね。 良い勉強になりました。 先日、180cm ×80cm程のトレリスを購入して向かって左手に設置しました。 三角のオベリスクのとこにもっと太めのオベリスクか同じトレリスを置くか考え中で何れにしろ行く行くは左右に扇形に広げて見ようと思います。 ありがとうございました。

0

シュラブとしてはもちろん、つるバラとしても育つ フェンスに誘引 そのオベリスクは 直径が小さすぎますね

画像